7回1死一、二塁の好機で代打を送られるも3打数2安打1盗塁の活躍

■ツインズ – レッズ(日本時間27日・ミネソタ)

 レッズの秋山翔吾外野手が26日(日本時間27日)、敵地ツインズ戦で「1番・左翼」でスタメン出場。第1打席で左前打、2回の第2打席で左前打を放ち3打数2安打1盗塁。7回に代打を送られ交代となった。今季8度目のマルチ安打で打率は.248に上昇した。

 秋山が状態を上げてきた。初回の第1打席で左前打を放ちリードオフマンぶりを発揮すると、すかさず二盗を決め今季7盗塁目をマーク。無死一、二塁からボットのタイムリー二塁打で二走から生還し先制のホームを踏んだ。

 さらに2回2死走者なしで迎えた第2打席では三塁を強襲する左前打を放ち今季8度目のマルチ安打をマーク。5回の第3打席は左飛に倒れると、3点を追う7回1死一、二塁の好機では代打を送られ交代となった。

 秋山はこれで53試合に出場し打率.248、0本塁打9打点、7盗塁。9月は64打数20安打の打率.313と好調をキープしている。チームは7年ぶりのプレーオフ進出を決めており、「1番・秋山」の活躍にも期待がかかる。(Full-Count編集部)