3連覇中のチャイニーズ・タイペイ撃破、伊藤監督も「先制点が大きかった」

 静岡県伊豆市・志太スタジアムで行われている「第9回 BFA U-15アジア選手権」は3日、大会3日目を迎え、侍ジャパンU-15代表は大会3連覇中のチャイニーズ・タイペイに3-0で勝利した。先制点をたたき出したのは、野球一家で育った神里陸(沖縄・南星中)だった。

「三振はしないように、転がすことを意識した。バットはいつもより指2つ分くらい開けて、短く持ちました」

 2回。3つの四球で走者をため、2死満塁で打順が巡ってきた。ベンチから「待て」のサインが出ており、3ボールが続いた後の2ストライクは「タイミングを合わせていた」と神里。2死満塁でカウントは3-2、走者は自動スタート。「少し詰まったが、対応することができた」と、神里の打球は二塁ベース左に転がった。

 遊撃手が追いついたが、バウンドのタイミングが合わず、打球は中前へ。三塁走者・平尾柊翔(埼玉・大石南中)に続いて二塁走者・加藤陸久(神奈川・文命中)もホームにかえり、2点を先制した。「先制点を取れたのがすごく大きかった」と伊藤将啓監督。神里は「1、2戦目で活躍していなかった。大事な台湾戦で活躍できてよかった」と話した。

 ショートでスタメン出場し、守りでも魅せた。3回2死から、高く弾んでセンターに抜けそうな打球に左腕を目一杯に伸ばして捕球。内野安打にはなったが、チャイニーズ・タイペイはこの日、1本も外野にヒットを打っていないため、食い止めた形になった。4回も人工芝で高く弾む打球にうまくグラブを合わせて捕り、3つのアウトを全て奪った。

 セカンドを守っていた7回には、前に攻めてバウンドを合わせさばいた。「神里は前の動きが弱かったので、とにかく、前の意識を持たせ、ポジショニングも少し前に変えた。人工芝に対応できるようにと、その確認は毎日、口すっぱく言っていた。ただ、彼が頑張ったから。彼の能力のおかげです」と伊藤監督。普段からの意識付けや人工芝に慣れてきたこともあるが、大会前から父・昌二さんにノックを打ってもらい、準備をしてきた。大一番で好守を連発し、「1歩目と打球の判断を意識した。今日はいつもよりしっかり動けたかなと思うのでよかったです」とはにかんだ。

父はエースで甲子園出場、兄は10月に侍社会人代表→DeNAドラ2の野球一家

 5人きょうだいの末っ子で、野球一家で育った。父・昌二さんは、故・栽弘義監督の下、豊見城高で4季連続の甲子園出場がある。3年時はエースとして、石嶺和彦氏(オリックス、阪神などでプレー)とバッテリーを組んだ。兄・和毅は日本生命の外野手で、今秋のドラフト会議で横浜DeNAから2位指名されたばかり。侍ジャパン社会人代表入りもしており、先月、台湾で開催された「第28回 BFA アジア選手権」では本塁打を放つなど活躍した。

 同じ年に兄弟で日の丸を背負い、「嬉しい」と神里。23歳の兄には「いつも何かあったら聞いて教えてもらっている」と言い、「コーチって感じです」と笑う。国際大会に出場するにあたり、兄からは「楽しめ」とエールを送られた。

 この日は両親と姉が応援に駆けつけた。両親は2日に沖縄を出発し、千葉の姉の元へ。この日、千葉から伊豆に着いた時、ちょうど神里が先制タイムリーを放つ打席に入るところだった。母・朝江さんは「もう、感激しました。昨日まで打っていなかったみたいで大丈夫かなと思ったんですけど」と安堵。父・昌二さんは試合後、兄・和毅が出場する社会人野球日本選手権の応援で京セラドームに向かった。ここ1か月で、社会人代表が出場したアジア選手権にドラフト会議があり、U-15アジア選手権と社会人野球日本選手権は同時期に開催。神里家はドタバタだが、それも嬉しい悲鳴だ。

 初戦の香港戦は相手の失策と3四球で出塁し、いずれもホームイン。2戦目のフィリピン戦は野選で出塁したものの、右飛と遊飛に打ち取られ、あまりいいところがなかった。それでも、チームにはすっかり溶け込んでいた。

 開幕前日の10月31日に行われた前夜祭のチーム紹介で、侍ジャパンU-15代表はピコ太郎の「PPAP」を披露し、場を盛り上げたのだが、カツラをかぶってヒョウ柄のコスチュームをまとい、中心で踊ったのが神里だった。「あれもあって、チームに慣れてきたし、テンションも上がって、モチベーションも高まってきました」。当初は、この日、先発した荻原吟哉(石川・星稜中)がピコ太郎に扮する予定だったが、辞退したことで出番が回ってきた。「普段はあまりやらないですが、振られたらやるみたいな感じ。(荻原が)『やらない』って言ったので、じゃあ、お前がやれみたいになって、やるって言いました。正直、ちょっとやりたかったので、自分に振られて嬉しかったです(笑)」と、ノリの良さを発揮。試合では3戦目、それも大事な一戦でヒーローになった。

 兄・和毅が出場した社会人代表は2大会ぶりにアジア王者を奪還。U-15代表は4大会ぶりの優勝を狙う。兄の金メダル、そしてドラフト指名は「刺激になっている。兄を超えたい」と意気込む。「今日みたいにしぶとく、食らいついていければいいなと思います」。残るはあと2試合。攻守でチームに貢献する。(高橋昌江 / Masae Takahashi)