PO自己最長5回5奪三振3四球2安打無失点「もう少し球数少なく」

■アストロズ 4-1 ツインズ(WCシリーズ・日本時間30日・ミネソタ)

 ツインズの前田健太投手は29日(日本時間30日)、本拠地で行われたアストロズとのワイルドカードシリーズ第1戦(3回戦制)で先発。ドジャース時代の16年以来4年ぶりのPO先発で自己最長の5回5奪三振3四球、2安打無失点と粘りの投球を見せた。勝利投手の権利を持って降板したが、救援投手が打たれて勝ち星はならなかった。チームは1-4で敗れてポストシーズン17連敗。北米4大スポーツワースト記録を更新した。

 粘りの投球となった。チェンジアップを振ってもらえず、4年ぶりのPO先発で制球に苦しんだ。それでも、2四球などで招いた4回2死満塁ではレディックをスライダーで空振り三振。マウンド上で雄叫びをあげる気迫の投球だった。5回91球(ストライク52球)を投げて、5奪三振3四球2安打無失点。球団のPO先発投手で無失点に抑えたのは04年ヨハン・サンタナ以来16年ぶり。POで先発投手が5回以上を投げて無失点に抑えたのは1901年のセネターズ時代から数えて球団史上6人目だという。

 ポストシーズンで先発するのはドジャース時代の16年10月20日以来1440日ぶり。勝てばポストシーズンでは3年ぶりの勝ち星、先発では初勝利だったが、救援投手が打たれた。2004年のヤンキースとの地区シリーズ第2戦から続く大型連敗を止めることができず、試合後は悔しい表情を浮かべた。

――4年ぶりのポストシーズン先発だった。
「久しぶりにポストシーズンで先発して緊張とかプレッシャーがあった。気持ちが入りすぎたところもあったし、5回まで球数が多くなってしまった。もう1イニングいきたかったというか、もう少し球数を少なく投げられれば良かった」

――4回のレディックの空振り三振を振り返って。
「とにかく抑えることしか考えてなかった。この打者のデータを冷静に考えながら、とにかくこの打者で終える気持ちでした。とにかく三振を取る気持ちが強かった。冷静かつ気持ちの入った球が投げられたと思います」

――ピンチを脱して感情が出ていた。
「投げるボールの確認とかサインの確認とか。あとはポストシーズンだから点を与えないように、という気持ちは出ていたし、絶対に三振を取るという気持ちで投げていた。そういう意味でガッツポーズというか気持ちの表れる投球になったと思います」

――開き直ったはあったか。
「開き直ってはないですね。普通に抑えにいったので。あそこはしっかりと打者を打ち取るために配球して、冷静にボールを選びながら投げました」

――投げた感覚はどうだったか。相手打線がバットを振らず冷静だった。
「感覚は悪くなかった。ちょっとコントロールが乱れたというか、力が入りすぎたところはあったけど、投げている球は悪くなかった。相手に関してはポストシーズンでしっかり自分のデータも頭に入っているだろうし、なかなか簡単に振ってくれなかったけど、粘り強く自分自身も負けないように投げることができたと思います」

初戦敗戦でチームは崖っぷち「とにかく気持ちを切り替えて明日勝つことが大事」

――5回2安打無失点に抑えた。
「無失点で投げ終えることができたのはよかったと思う。イニングに関してはもう少し長いイニングを投げればベストでしたけど、どうしてもポストシーズンの初戦で、僕自身も久しぶりの先発。力みとか気持ちが入りすぎた部分もあった。球数が多くなったのは仕方ないかなと思うので、第1戦の先発としては、しっかり最低限の仕事はできたかなと思う。次の登板機会があれば、もっとスムーズに入れると思う。もっといい投球ができると思う。久しぶりの先発にしては良かったと思います」

――ポストシーズンで1点が重い。そういう意味でボール球を使うことになったか。
「あまりそういう印象はないですね。僕自身、力みがあって、際どいところでボール球になってしまった。あとは相手打者が振ってくれなかったりした。僕自身、力みというかストレートが外れることが多かった。そういうところで球数が多くなってしまった」

――選手の家族や関係者がスタンドに入っていた。
「名前を呼んでもらったりとか、声を出して応援してくれていた。力になりましたし、入ると知らなかったので、試合直前に気づいて。久しぶりにピンチの場面でケンタと呼んでもらって、応援してくれたので。数は少ないですけど、そういう意味ではすごく力になりました」

――ツインズに必要なものは。
「とにかく気持ちを切り替えて明日勝つことが大事だと思います。明日勝つことで次の試合にツインズの方が勢いに乗れると思うから。とにかくみんな全員で。もう1回気持ちを切り替えて、勝つことを目標に。とにかくみんなでやるしかない」

――地区シリーズで登板するチャンスがある。
「次の登板がもちろんあると思って明日から準備します。チームが勝つことを信じながら、僕自身は次の登板に向けて調整したい。試合が始まればチームが勝てるようにしっかり応援して、みんなで1つになって頑張っていきたいなと思います」(Full-Count編集部)