PO自己最長5回5奪三振3四球2安打無失点「もう少し球数少なく」

■アストロズ 4-1 ツインズ(WCシリーズ・日本時間30日・ミネソタ)

 ツインズの前田健太投手は29日(日本時間30日)、本拠地で行われたアストロズとのワイルドカードシリーズ第1戦(3回戦制)で先発。ドジャース時代の16年以来4年ぶりのPO先発で自己最長の5回5奪三振3四球、2安打無失点と粘りの投球を見せた。勝利投手の権利を持って降板したが、救援投手が打たれて勝ち星を手に入れることはでっきなかった。チームは1-4で敗れてポストシーズン17連敗。北米4大スポーツワースト記録を更新した。

 粘りの投球となった。チェンジアップを振ってもらえず、4年ぶりのPO先発で制球に苦しんだ。それでも、2四球などで招いた4回2死満塁ではレディックをスライダーで空振り三振。雄叫びをあげる気迫の投球だった。5回91球(ストライク52球)を投げて、5奪三振3四球2安打無失点。球団のPO先発投手で無失点に抑えたのは04年ヨハン・サンタナ以来16年ぶり。POで先発投手が5回以上を投げて無失点に抑えたのは1901年のセネターズ時代から数えて球団史上6人目だという。

 米メディアは称賛した。MLBネットワークの美人レポーター、ハイジ・ワトニーさんは「アストロズがワイルドカードシリーズ初戦でツインズを撃破。ツインズのプレーオフでの連敗は17となった。ケンタ・マエダの素晴らしい登板があったにも関わずにね」と称え、地元放送局「CBSミネソタ」のニュースアンカー、ジェイソン・デルーシャ氏は「ケンタ・マエダの素晴らしいパフォーマンスがまたしても台無しに。がっかりだよ」とチームの敗戦に落胆のツイートだ。

 アストロズ、マリナーズの元スカウトで、米経済誌「フォーブス」のバーニー・プレスコフ記者は「ケンタ・マエダは2020年シーズンにおける素晴らしい物語の1つ。彼は真のエースであることを証明した。そして彼が必要としていたのはチャンスだった。そのチャンスを彼は手にし、素晴らしい活躍をした。彼の投げる球全てには伸びと動きがある。打ち崩すのは困難な投手だ」と称賛。地元紙「スタートリビューン」のコラムニスト、ジム・ソーハン記者は「マエダにとってのビッグイニング。10球で5イニング目を乗り切る。91球、つまり彼は6回を投げ切ることができるはずということだ」と早期の降板と感じたようだ。

 試合後、前田は「久しぶりにポストシーズンで先発してプレッシャーもあった。5回まで球数が多くなった。もう少し球数が少なければ良かった」と振り返った。地区シリーズに進出するには2連勝するしかなくなった。エース級の活躍を見せた右腕に、ポストシーズンで先発する機会が再び訪れることを祈りたい。(Full-Count編集部)