4年ぶりのPO先発で自己最長の5回5奪三振3四球、2安打無失点と粘りの投球

■アストロズ 4-1 ツインズ(WCシリーズ・日本時間30日・ミネソタ)

 ツインズの前田健太投手は29日(日本時間30日)、本拠地で行われたアストロズとのワイルドカードシリーズ第1戦(3回戦制)で先発。ドジャース時代の16年以来4年ぶりのPO先発で自己最長の5回5奪三振3四球、2安打無失点と粘りの投球を見せた。勝利投手の権利を持って降板したが、救援投手が打たれて勝ち星はならなかった。チームは1-4で敗れてポストシーズン17連敗。北米4大スポーツワースト記録を更新した。

 粘りの投球となった。チェンジアップを振ってもらえず、4年ぶりのPO先発で制球に苦しんだ。それでも、2四球などで招いた4回2死満塁ではレディックをスライダーで空振り三振。マウンド上で雄叫びをあげた。5回91球(ストライク52球)を投げて、5奪三振3四球2安打無失点。球団のPO先発投手で無失点に抑えたのは04年ヨハン・サンタナ以来16年ぶり。先発投手が5回以上を投げて無失点に抑えたのは1901年のセネターズ時代から数えて球団史上6人目だという。

 走者を出しても得点は許さない投球。「ツインズは9回に3点を許し、第1試合を落とした」と見出しを打って伝えた大リーグ公式サイトは、右腕の投球を高く評価した。

「16年間もの長きに渡って、ツインズはケンタ・マエダがターゲットフィールドでのアストロズ戦で見せたようなエースのプレーオフパフォーマンスを待ち望んでいた」

「マエダがアストロズを5回無失点に抑えた後、待ちに待ったプレーオフ勝利への道ははっきり見えていた」

 1点差で逃げ切る展開が見えていたものの、チームは7回に追いつかれて9回には遊撃ポランコの失策などが絡んで3失点。歴史的な連敗をストップすることができなかった。30日の第2戦は昨季まで3年連続2桁勝利を挙げていたベリオスが先発する。「次の登板がもちろんあると思って明日から準備します」と話す前田に、次回登板が訪れることを祈りたい。(Full-Count編集部)