首位打者にMVP…数々の個人タイトル手にした功刀史也

 今月1日から5日にかけ、静岡県伊豆市・志太スタジアムで開催された「第9回 BFA U-15アジア選手権」。侍ジャパンU-15代表は2008年以来、4大会ぶり2度目のアジア王者に輝いた。5戦目の韓国戦で1-0のサヨナラ勝ちを収め、5戦無敗の完全優勝。殊勲打を放った功刀史也(山梨・白根巨摩中)は打率.588で首位打者を獲得するなど、大会MVPにも選ばれる活躍を見せた。

 歓喜の輪は、一塁ベース付近にできた。韓国との最終5戦目。0-0の7回、1死三塁。打席に入った功刀は「後ろにいいバッターがいたので、三振してもいいかなという気持ちで初球から思い切っていきました」と、初球にバットを振り抜いた。打球は前進守備のセカンドの横を抜け、センター前へ。三塁にいた代走・山城航太郎(福岡・高宮中)がホームを踏み、サヨナラ勝ち。7回以降の延長がなく、引き分け以上で優勝が決まる一戦。7回表をゼロに抑えた時点で優勝は決まっていたが、功刀のバットが5戦全勝の完全優勝をもたらした。

 三塁ベンチから飛び出した仲間たちに一塁ベース付近でもみくちゃにされたヒーローは「(サヨナラ勝ちの瞬間は)何も考えていなかった。挨拶した時にサヨナラ勝ちしたんだな、と。それまではポワーンとしていました」と振り返った。無死二塁で、前の打者だった山田将義主将(東京・駿台学園中)が遊ゴロを打ち、1死三塁となっただけに「キャプテンがお膳立てしてくれて」と感謝も忘れなかった。伊藤将啓監督は「功刀が思ったより対応力がある子だった。ちょっと当てる小さいバッティングだったが、振り抜くバッティングに変えさせ、すごく対応した」と柔軟性を評価した。

 功刀は閉会式も独占した。個人表彰では打率.588で首位打者、盗塁王(5盗塁)、得点王(7得点)を獲得し、最優秀守備選手にも選ばれた。オールスター選手の外野手にも選手され、大会MVPにも輝いた。「1個、1個、重みを感じました」と両手で持ちきれないトロフィーを抱えた功刀。MVPには「自分でいいのかなという感じがあります」と謙遜した。

 大学生の兄が2人いる、三兄弟の末っ子。「オムツぐらいの時から週末はグラウンド」(母・由美さん)で育った。“6冠”に「神がかり的で本当にびっくり。こっちがびっくりです」と驚きを隠せなかった野球経験者の父・稔さんも「(兄弟の中でも)一番小さいときからやっているので。(野球歴は)人生とほぼ一緒ですね」と笑う。スポーツ少年団に入ったのは小学1年の冬からだが、物心ついた時には野球がいつもそばにあった。

普段は少人数のチームでプレー、大会中は“地元応援団”の声援も

 長兄・勇人さんは白根巨摩中3年時に全国中学校軟式野球大会に出場、次兄・裕貴さんも中学時代に関東大会に出場している。しかし、そんな野球熱の高い地域でも、1学年の人数が少なかったり、3学年合わせても9人に満たなかったりと昨今の野球人口減少問題の波は押し寄せている。白根巨摩中野球部の同級生は功刀を含めて5人。今年は1年生が10人以上、入部したものの、1つ上の先輩も、1つ下の後輩も2人と少人数のチームで、助っ人を借りたり、隣の中学校との合同チームを組んだりしながら、野球や試合を続けてきた。

 今大会、活躍できた要因を「チーム全員でコミュニケーションをとっていたのでリラックスして打つことができたと思う」と話した功刀。父・稔さんは「チーム事情から同級生で9人がそろわないチームでやってきたので、最高に楽しかったと思います。(チームでは)逆に自分がしっかりやらないといけないというのがあったかもしれないですね」と話し、チームを慮って「部員が増えるといいですね。田舎の星であってほしい」と期待する。

 大会中には近所の人たち約20人がバスで応援に駆けつけ、日の丸入りの鉢巻を付けて「史也! 打てー!」と大声援を送っていた。地域にも育てられ、「親、学校、地域の方のサポートがあり、そういう人たちの力でここまで来て打てたと思います」と感謝を忘れなかった功刀。普段はピッチャーやキャッチャーで、今大会は慣れない外野を守り、攻守にわたって4大会ぶりの優勝に大きく貢献した。今回の成績を自信に高校野球に挑戦する。

「MVPとか取らせていただいて、今後もしっかりしないといけないなと思いました。高校で甲子園を目指していく上で、この経験を生かして頑張りたい。ここで打った思い出をしっかり胸に刻み、泥臭く、やることをしっかりとやる高校球児になりたいです」

 侍ジャパンU-15代表で得た、かけがえのない経験を糧に、次のステップに進む。(高橋昌江 / Masae Takahashi)