中前打の当たりを相次ぐ好プレーで遊ゴロに、ファン「トリプルファインプレー!」

■ロッテ 6-3 西武(3日・ZOZOマリン)

 西武の源田壮亮内野手とエルネスト・メヒア内野手が、それぞれ好プレーを見せて1つのアウトをもぎ取った。3日の敵地・ZOZOマリンスタジアムでのロッテ戦。中前打だと思った打球を遊撃の源田と一塁のメヒアがギリギリの捕球を見せて遊ゴロに。一塁はギリギリのタイミングだったが、一瞬の差を見逃さなかった一塁塁審へのジャッジにも称賛の声が上がった。

 場面は4回2死。ロッテ・中村奨の打球はマウンド上の平井の股を抜け、二遊間へ。外野に抜けそうな当たりだったが、源田が回り込んですぐさま送球。ボールは少しそれたが、一塁のメヒアは倒れ込みながらミットでキャッチ。右足はベースから離れておらず、アウトのコールが飛んだ。

 ロッテの井口監督が思わずリクエストを要求しそうなそぶりを見せるほど一塁はギリギリのタイミングだったが、一塁の本田塁審は確かにみていた。その一部始終を「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルは「【究極合体】源田壮亮&メヒアの『たまらん・さまさまや!』」と題してスローを交えて動画で公開。ファンは「これは源田じゃないとアウトにできんしメヒアじゃないと取れんな……」と両選手を称える一方「源田・メヒア・一塁塁審…トリプルファインプレー!」「これ審判も褒めたげたい」「審判さんもさすがですね」との声も少なくなかった。(Full-Count編集部)