2000年代後半以降の、パ・リーグ本塁打王争いを席巻した「おかわり君」

 2019年に123打点を挙げ、4年ぶり4度目となる打点王の座に輝いた中村剛也内野手。過去には6度の本塁打王、4度の打点王と長距離砲として抜群の実績を残してきた中村だが、2017年から2018年の序盤にかけて、不振に陥っていた時期もあった。だが、2018年の7月以降は持ち前のパワーと勝負強さを取り戻し、鮮やかに復調してリーグ2連覇に貢献。2019年の8月からは4番の座にも返り咲き、36歳という年齢を感じさせない打撃を見せた。(数値は10月4日現在)

 そして、2020年9月24日、本拠地メットライフドームで通算200本目となる本塁打を放った。今季は故障の影響もあってまだ58試合の出場で7本塁打と本来の打撃を見せられてはいなかったが、節目の一打は打った瞬間にそれとわかる、いかにも中村らしい美しいアーチだった。幾度となく所沢に詰めかけたファンを熱狂させてきた中村にとってもあらたな金字塔となる打球は、状態を上げていくためのきっかけとなるだろうか。

 2008年、2018年、2019年と3度のリーグ優勝の立役者になっただけでなく、長年にわたって主砲としてチームを支え続けてきた中村は、西武にとっては球団史にその名を残す偉大な存在といえる。それに加えて、中村が18年間の現役生活で残してきた数字を振り返ってみると、近年の球界において突出した実績を残してきたことがあらためて浮かび上がってくる。

 今回は、36歳を迎えた今なお強力打線の中軸として活躍を続ける中村が残してきた数々の成績の優秀さと、その打撃の凄みについて紹介していきたい。豪快さと確かな技術が合わさって生まれる美しい放物線で数多のファンを魅了してきた「おかわり君」の足跡を振り返るとともに、今後のさらなる活躍にも期待を寄せたい。

長距離砲としては歴代でもトップクラスのタイトル獲得歴

 和製大砲として長年にわたって活躍を続け、数多くのタイトルを獲得してきた中村。その実績は現役選手のみならず、歴代選手の中でもトップクラスと呼べるものだ。通算6度の本塁打王という数字は、王貞治氏の15度、野村克也氏の9度に次ぐ、歴代単独3位の多さとなっている。

 また、打点王4度という数字も歴代6位タイの多さであり、そのタイトル獲得歴は過去の名選手たちの中でも上位に位置している。中村は2000年代後半から2010年代にかけて、まさに圧巻の活躍を見せ続けたが、その活躍はNPBの歴史を見渡しても特筆すべきものだったと言えそうだ。

 中村といえば、満塁の場面における圧倒的な活躍ぶりが印象に残っている人も多いことだろう。2015年に通算満塁本塁打の最多記録を更新した中村は、現在ではその数字を20本の大台に乗せている。通算868本塁打のNPB記録を持つ2位の王氏(通算満塁本塁打15本)とも5本差をつけるほどの驚異的な数字であり、まさしく歴代最強の満塁男といっても過言ではないだろう。

 また、2019年の中村は1シーズンで4本の満塁本塁打を記録する活躍を見せたが、同年は満塁のシチュエーションで打率.531、49打点と、あらゆる面でハイレベルな数字を記録していた。満塁時に記録した打点が、シーズン全体の打点数の約40%を占めていたことからも、満塁時の圧倒的な成績が、打点王のタイトル獲得にもつながっていたことがうかがえる。

複数部門で現役トップの数字を記録

 中村が長年にわたって1軍の舞台で本塁打を量産してきたのは先述の通りだが、タイトル獲得数のみならず、各種の通算成績という面でも優秀な成績を記録している。中村が現役選手の中で最多となる通算成績を記録している分野を見てみると、422本塁打、1185打点、長打率.525、1777三振といった強打者の証ともいえる指標が軒並みトップだ。また、塁打の部門においても福留孝介外野手、内川聖一外野手に次ぐ現役3位の多さで、通算3000塁打に到達している現役選手もこの3人のみ。現在NPBでプレーしている選手の中では、まさにトップクラスの実績を備えた存在といえる。

 さらに、通算422本塁打という数字は史上16位の多さであり、通算本塁打数トップ10まであと54本まで迫ってもいる。2019年に30本塁打を記録している中村にとっては、あと2〜3シーズンにわたって一線でプレーすれば十二分に到達可能な数字だろう。打点王と本塁打王の獲得数では既に歴代でも最上位クラスの数字を残している中村だが、通算の本塁打数でも史上トップクラスの領域に達する日も、そう遠くはないかもしれない。

 中村はプロ入りから18年間の現役生活をライオンズ一筋で送っており、当然ながらその通算成績は全てライオンズの選手として記録したものである。中村が本塁打と打点でそれぞれ現役最多の数字を残しているのは先述した通りだが、この2つの部門における通算成績は、そのままライオンズの球団記録にもなっている。

 70年の歴史を誇るライオンズの球団史においては、西鉄時代に「野武士軍団」の一員として活躍した中西太氏や豊田泰光氏、主砲として西武黄金時代を支えた秋山幸二氏や清原和博氏といった、数多の強打者が活躍を見せてきた。そんな中で、中村は4つの部門において球団史上最多の数字を記録。現役の選手ながら、既に球団史に残るレジェンドであることは間違いないだろう。

「規定打席に到達すれば本塁打王」のジンクス

 中村にまつわる有名なエピソードの一つとして、「規定打席に到達したシーズンには必ず本塁打王のタイトルを獲得する」というものが存在した。中村がプロ入り後に規定打席に到達した年と、該当シーズンの成績は次の通りだ。

 このように、プロ入りから2015年までの14年間において、規定打席に到達した6シーズンにおいてはその全てで本塁打王を獲得。ある程度の打席数が確保できれば、必ずライバルたちとの争いを制してタイトルを手にし続けてきたという、中村の恐るべき能力の一端がうかがえるところだ。

 不振に陥っていた2017年に規定打席に到達し、タイトルを逃したことでジンクスは途切れたが、2年ぶりに規定打席に到達した2019年には、先述の通り打点王のタイトルを獲得。規定打席に到達した8シーズンのうち7度は何らかのタイトルを獲得しているという縁起の良さは、今なお継続している。

 また、試合に出場できれば質の高い打撃を見せ続けてきた中村は、通算の指標という面でも優れた値を残している。先述の通り、通算の長打率は現役選手の中では最も優れた数字であり、通算の出塁率も.342と、十分に高いと言える水準に達している。その結果、長打率と出塁率を足して求める「OPS」という指標は通算で.866という高水準のものとなっており、その打撃の質の高さをあらためて示している。

本塁打を放つための引き出しの多さ

 基本的には、本塁打になる打球といえば、飛距離がより伸びやすい引っ張りの割合が多くなるのが普通だ。だが、中村は引っ張りだけでなく、逆方向へも多くの本塁打を記録できるだけの技術を備えている。400本を超える数の通算ホームラン数は、打球をフェンスオーバーにできる引き出しの多さの賜物でもあるだろう。

 ここでは、具体的な例として、2019年シーズンに中村が記録した本塁打の中から4本をチョイスし、その内容について見ていきたい。まずは、中村本人にとっても大きな節目となった、7月19日のオリックス戦における通算400号本塁打だ。

 増井浩俊投手が投じた高めの変化球を豪快に引っ張り、豪快にレフトスタンドに突き刺したサヨナラホームラン。史上20人目となる通算400本塁打の大台に到達した記念すべき打球は、まさにホームランバッターとしての中村を象徴するかのような、あまりにも豪快な一発だった。

 次に、同じく左方向への打球の中から、5月16日のソフトバンク戦で放った同点本塁打について見ていく。

 右打者にとってはタイミングの取りづらい右のアンダースローである高橋礼投手が相手だったが、高めに入ってきた球を打ち上げると、打球は長い滞空時間を経てホームランテラスを超え、スタンドまで飛び込む本塁打に。先述の通算400号のような力強い打球だけでなく、本塁打を打つための“引き出し”の多さを感じさせる一発ともいえるだろう。

 続けて、ここからは逆方向への打球についても紹介したい。5月17日のオリックス戦で放った、2試合連続となるホームランだ。

 延長10回に1点を勝ち越した直後という場面で、小林慶祐投手が投じたアウトコースの速球を鮮やかに流し打ち。鋭いライナーとなった打球はあっという間にスタンドまで到達し、チームに貴重な追加点をもたらす一打となった。逆方向への打球ながら非常に力強い弾道を描くその打球は、中村が持つしなやかなスイングと、高い技術の賜物といえよう。

 最後に、同じ右方向への打球をもう一つ紹介したい。5月10日の日本ハム戦で生まれた、3点ビハインドから一気に試合をひっくり返したグランドスラムだ。

 上沢直之投手が投じた高めの直球を拾って右方向に流し打ち、高く上がった打球は広い札幌ドームのフェンスを越える満塁本塁打に。先程紹介した逆方向へのライナーとは大きく異なる打球の質でもあり、逆方向に届ける本塁打を打つための引き出しも多く備えていることがわかる。

 以上のように、中村はわずか1シーズンのみに着目した場合でも、さまざまな種類の本塁打を見せてくれる選手だ。30代後半を迎えても持ち前のパワーと技術を活かして30本のホームランを記録した中村が、現役選手の中でも随一の本塁打数を記録している理由の一端が、今回紹介した本塁打群からもうかがえよう。

リーグ全体が極端な投高打低だった時代にも、圧巻の打棒を披露

 NPB全体での統一球導入が開始された2011年と、その翌年の2012年は、リーグ全体の打撃成績が大きく下降し、逆に投手成績は軒並み向上するなど、各球団の打者にとっては受難の時期となっていた。しかし、圧倒的なパワーと技術で本塁打を量産していた中村にとっては、そのような環境もさしたる妨げにはならなかった。

 事実、中村は2011年と2012年の2シーズン連続で本塁打王の座に輝いただけでなく、2011年に記録した48本塁打という数字は、自身にとっても自己最多タイとなる数字に。さらに、同年のリーグ全体の本塁打数(454本)のうち10.6%、すなわち1割以上を1人で占めるという、まさに驚異的な成績を残した。球界全体が極端な投高打低となっていた環境にあっても、文字通り異次元の打撃を披露していたと言える。

 以上のように、中村はレギュラーの座をつかんだ2008年以降、ホームランバッターとして傑出した実績を残してきた。天性のパワーと確かな技術に裏打ちされた、豪快かつしなやかな打撃は、まさにホームランアーティストと呼ぶに相応しいものと言えよう。

 現在もチームの主軸として勝負強いバッティングを続けている中村は、今後もさらに自らが持つ数字を伸ばしていってくれるだろうか。2年連続の打点王、5年ぶり7度目の本塁打王といった、通算11度目のタイトル獲得も期待できるだけの打撃の完成度を今なお維持している獅子のレジェンドは、これからもその背中と打棒で、チームを力強く引っ張っていってくれるはずだ。(「パ・リーグ インサイト」望月遼太)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)