背番号「39」の特別ユニホームでド緊張のセレモニアルピッチ

■DeNA – 中日(4日・横浜)

 4日、横浜スタジアムで行われたDeNA対中日戦で、歌手で女優の大原櫻子さんがセレモニアルピッチを行った。

 2日からの3連戦で行われた「YOKOHMA GIRLS☆FESTIVAL 2020 Supported by ありあけハーバー」の特別ゲストとして登場した大原さんは、名前にちなんだ背番号「39」の特別ユニホームでマウンドに立った。打者の乙坂に対して、マスコットのキララが魔法をかけたユニホーム柄のボールを投げ込むと、ボールはツーバウンドして捕手役の柴田のミットに収まった。

 投球後の感想を問われた大原さんは「本当はノーバウンドでいきたかったけど、意外とまっすぐいってくれたので、自分の中では合格点。今まででは一番良かったと思う。70点ぐらいかな」と控えめに自己採点した。イベント開催中に女性客にも配布されたユニホームについては「めちゃくちゃオシャレ。青だけど女性もすごく似合うと思います」と笑顔で話した。

 試合後に行われる「B☆MAGIC SHOW」では、自らの曲を披露する予定になっている大原さん。新型コロナウイルスの影響で大規模なライブの開催が難しくなっているという現状で、「リハーサルで歌った時に、本当に気持ちよかった」という横浜スタジアムでの大観衆の前でのライブを楽しみにしていた。(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)