サイン盗みレッドソックスにも冷やかしツイート「ヘイ、レッドソックス起きてる?」

 今オフにレッズからFAとなるトレバー・バウアー投手が3日(日本時間4日)、自身のツイッターを更新し、30球団OKの姿勢を示した。これまでに右腕はサイン盗みを犯したアストロズを皮肉るツイートを度々書き込んでいる。一部フォロワーから「アストロズから最も利益のあがる契約を用意されたら、それを検討するか」と問いかけられ、バウアーは「私は全てのオファーを検討する」とツイートした。

 バウアーは今季5勝4敗でリーグトップの防御率1.73、リーグ2位の100奪三振をマーク。8勝で日本人初の最多勝を獲得したカブス・ダルビッシュらとサイ・ヤング賞の有力候補に挙がっており、今オフのFA注目選手として期待されている。30球団OKの姿勢を示した後には「ヘイ、レッドソックス起きてる?」とフェニックス発ボストン行きの航空券を投稿。オフを楽しんでいるようだ。

 ファンからは「レッドソックス、今すぐ彼と契約して!」「バウアーがみんなのことを冷やかすからこのオフは面白くなりそうだ」「トレバー……こんな風に私たちを冷やかすのはやめるんだ!」「ヘイ、エンゼルス、私たちはいつだい?」などと、各球団ファンから加入を求めるコメントが殺到している。(Full-Count編集部)