元阪神エースとの対談で古島医師が明かす「超サイヤ人になるわけではない」

 肘の靭帯損傷などの治療法として、復帰までに約1年を要する内側側副靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受ける野球選手が近年増えている。厳しいリハビリを乗り越える必要があるものの、手術の成功率は高く、マウンドに戻って再び活躍する投手は多い。

 このトミー・ジョン手術には、以前から1つの“都市伝説”がある。「手術を受けると球速がアップする」というものだ。Full-Countでは、これまで計700件以上のトミー・ジョン手術を執刀した慶友整形外科病院スポーツ医学センター長の古島弘三医師と、元阪神エースでメジャー経験も持つ藪恵壹氏のオンライン対談を行ったが、その中でもこの“説”が話題に。最近は高校生などでもメスを入れるケースが出てきている中、10月10日から全6回のコースで行うオンラインサロン「開講! 古島アカデミー」第1期をスタートさせるなど、育成年代の選手の負傷を防ぐために様々な活動にも取り組んでいる古島医師は、この“疑問”に対して明確な答えを示している。

 米国では以前から、古島医師が「やり過ぎている」と感じるほど、プロ・アマ問わずトミー・ジョン手術に踏み切る選手が多い。日本よりも“ハードル”が低い理由としては、同手術に対する信頼度が高いことに加えて、やはり靭帯再建で“進化”すると考えている人が多いこともあるという。

「(手術を)受ければ球が速くなると思っている人が3、4割いるので……」と古島医師。実際に、米国では5年ほど前に野球メディアを対象に「本当にトミー・ジョン手術で球が速くなると信じているか?」という理解度を調べる調査が行われ、約4割が「YES」と答えたというのだ。この調査結果を学会で聞いたという古島医師は「メディアが間違った報道をしていた」と言い切る。

 藪氏が「選手もやればボールも速くなるし、リハビリは大変ですけど、やった方が良くなるんじゃないかなっていうのはありますよね。あれ、確かに速くなりますよね。5、6キロ速くなりますよ(笑)」と投げかけると、こう続けた。

「手術をして肘が元に戻っても、超サイヤ人になるわけではないので、手術前より良くなるかといったら変わりません。ただ、リハビリ期間中に選手はすごく頑張るんです。体を柔らかくするとか、投球フォームを修正するとか。そこが(手術から復帰後に)球が速くなる一番の原因かなと思うんですよね。だから、手術でしっかり靭帯の緩みをなくしました、ということが(球が)速くなる原因ではないんですよね。リハビリで頑張ったという1年が、変わる要因になるんだと思います」

 復帰後に球速が速くなるというケースは確かにあるが、それは手術を受けたことが原因ではなく、リハビリの過程での“努力”が実を結んだため。「手術で球速が速くなるわけではない」という古島医師の説明に藪氏も大きくうなずいた。

故障しないために選手が「痛い」と言える環境づくりを

 もちろん、まずは負傷をしないことが第一。日本では、育成年代の選手が肩・肘を酷使してしまうことで選手生命を絶たれたり、大人になってからの負傷の原因になってしまうことも。近年は球数制限などの対策も取られ始めているが、まだまだ不十分という意見もあり、選手が指導者に「痛い」と言えずに無理をしてしまう環境も残っている。

 阪神で投手コーチを務めていた藪氏は「プロでも同じような状況があります」と話す。

「僕が2011年に阪神で投手コーチをした時、明らかにおかしな投げ方をしている投手に『大丈夫か?』と聞くと『はい』しか言わない。その投げ方じゃ大丈夫じゃないだろうって(笑)。プロになっても選手が『はい』しか言わないんです。だから、聞いたんです。その『はい』は何の『はい』だ? とりあえずの『はい』だろうって。そこから環境を変えるように努力しましたね。自分の意見をしっかり言うようにって」

 これに古島医師も「小中学生で怒鳴られながら育つと、大人になってからも『はい』しか言えないんですよね(苦笑)。話の内容は分からなくても、とりあえず『はい』って言っておけばいいと思うんでしょう」と同意する。

「自分で自分の体を守れなければ、我慢して限界を超えて怪我を引き起こすことになります。将来のことも考えると、子どもの頃からはっきり自分の意見を主張できる選手に育つべきだと思います。藪さんも仰有っていましたが、今は大人に『いけるか?』と聞かれたら、子どもが『いけません。やめておきます』と言える環境はまだまだ少ない。自分の意見を伝えると同時に、自分で考えて動いたり、練習したりする能力がつくと、個人個人がよりレベルアップするんじゃないかと思います。そういう環境を整えてあげたいですね」

 もし怪我をしてしまっても、トミー・ジョン手術がある。適切な治療とリハビリ過程での努力で、パワーアップしてマウンドに戻ってくる選手もいる。ただ、まずはできるだけ負傷する選手を減らすための環境を作ることが重要であると、忘れてはいけない。(Full-Count編集部)