メットライフドームエリアの改修およびボールパーク化を発表

 来年2018年に埼玉・所沢に本拠地を構えて40周年を迎える埼玉西武ライオンズは、15日に記者会見を行った。この節目を機に、本拠地・メットライフドームエリアの改修およびボールパーク化、若獅子寮、室内練習場など育成強化のための施設の改修計画を発表した。着工スタートは今年12月。2021年春を完成予定としている。

 後藤高志オーナーが「具体的には、3年前ぐらいから」考案してきたというボールパーク化計画。ホームスタジアムの観客席には、バックネット裏VIPラウンジ、『砂かぶりシート』の新設、周辺施設では、屋内外にキッズパーク設置、授乳室、フードエリアの充実化など、野球ファンにはより快適に、野球ファン以外でも、様々な楽しみ方ができる場を提供し、ファン拡大を目指していく。

 同時に、老朽化に伴い、長年選手会がリクエストしてきた若獅子寮、室内練習場などの育成設備の改修も、いよいよ実現の運びとなった。日常練習やイースタン・リーグ公式戦、練習試合が行われる西武第二球場には、観客が観戦できるスタンドが新設される。また、室内練習場も、ネット内寸50m×50m(建物外寸54m×54m)の広さを誇る。さらに、ブルペンを5レーン、打撃4レーンに広げ、併設される選手寮も4階建の快適空間へリニューアルと、今まで以上に若手選手が野球に集中できる環境が整う予定だ。

 こうした、大規模な改修計画着工を前に、後藤オーナーは「全般的に、すべてを改修するというのは、ライオンズの40年の歴史の中では初めて。投資総額も、約180億円と大変巨額な投資をすることとなる」と明かし、こう続けた。

「私は、ライオンズは西武グループのイメージリーダーだと、ずっと言い続けてまいりました。10年前の30周年の時には、渡辺(久信)新監督のもと、日本一を成し遂げた。今回、この40周年の記念イベントのもと、これだけのバリューアップができるわけですから、来年は、選手諸君、そして監督、コーチにさらに頑張ってもらって、10年ぶりの日本一を奪還してもらいたいと切望しております」

 つまり、それだけの投資をする魅力と価値が、西武ライオンズというチームにはあるということだ。

秋山「期待に応えるには勝つこと」、菊池「最高の環境を作っていただける」

 会見の席には、チームを代表し、ライオンズから秋山翔吾外野手、菊池雄星投手が列席した。こうした、同オーナーの言葉や、発表された事業計画の詳細などを聞き、秋山は「ライオンズというチームを、あれほど西武グループのシンボル”だと言ってくださっていますし、(180億という)簡単ではない額の資金を捻出していただいたことを、選手は本当に意気に感じなければいけない。その期待に応えるには、勝つことだと思うので、(主に新しい2軍施設を使用する)若い選手もそうですが、僕も含め、現場にいるそれぞれが、良い施設にいて勝てないということがあってはならないと、逆に、プレッシャーを感じてやらなければいけないと思う。良い施設になるということは、選手がより自覚が求められるということだと、僕は捉えています」と、決意を新たにした。

 また、「環境が整うことで、『がんばろう!』というモチベーションになる」と話すのは菊池。自ら「ウエイトマニア」と称するほど、ウエイトトレーニングを重要視しているだけに、ウエイト場も新しくなると聞き、「すごくワクワクしている」と、期待を膨らませる。一方で、「良い道具があっても、使い方がわからなければ、全く意味がないこと。そこは、トレーニングやマウンドのことなど、僕らがきちんと勉強したりするべき。最高の環境を作っていただけると思うので、内側(使う側)を僕らで磨くということが選手にできることかなと思います」。最新施設を有効活用するための、さらなる努力を誓った。

 その上で、秋山、菊池とも、練習環境に関して共通の思いを口にした。

「環境もそうですが、大事なことは、練習量や、体を動かしている心の部分だと思う。今までの施設で、僕は、やれる分は全てやってきたつもりです。今の施設にも、本当に感謝しています」

 現行の施設を活用し、秋山は首位打者、最多安打、菊池は最優秀防御率、最多勝利のタイトルを受賞し、それぞれゴールデン・グラブ賞も受賞した。最新の環境が整うことで、さらに活躍する選手が増えることに期待したい。チームの優勝、選手一人一人の飛躍成長こそが、『西武グループ』の一員として、記念事業成功への最高の貢献であり、恩返しとなるに違いない。(上岡真里江 / Marie Kamioka)