ライナー性の打球に対してうまく変化に対応して好守、スタンドから拍手喝采

■西武 2-1 オリックス(16日・メットライフ)

 西武の川越誠司外野手が16日、本拠地でのオリックス戦で“変則スライディングキャッチ”を見せた。ライナー性の難しい打球にうまく反応。おしゃれにも見える捕球にファンは注目した。

 場面は3回無死。オリックスの宗が150キロの直球を弾き返すと、打球はライナーで左翼へ。突っ込みながらスライディングした川越は、少々正面からずれた打球にグラブを合わせて絶妙にキャッチ。スタンドからはどよめきが上がり、直後大きな拍手に包まれた。

 その美技を「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルが「川越誠司『代官山駅ぐらいオシャレ』なプレーを披露してしまう」と題して動画で公開。ファンからは「こういうの難しいんだよな〜」と絶賛の声が上がった一方、動画のタイトルに対し「これは代官山」と賛同する声もあった。(Full-Count編集部)