安定してハイレベルな成績を続け、今やオリックスの打の顔と呼べる存在に

 2019年に引き続いて2年連続でパ・リーグの首位打者争いに加わっている、オリックスの吉田正尚。2018年から2年続けて全試合に出場しながら打率.320以上を記録しており、その打撃の安定感はリーグ屈指だ。今季も開幕直後は打率.200を切る時期もあったが、7月に入ってから大きく復調し、現在は首位打者を争うレベルまで成績を伸ばしてきた。こういった修正能力の高さも、吉田正の優れた能力の賜物であろう。

 青山学院大学からドラフト1位でプロ入りして5年目、7月15日に27歳になったが、オリックス打線の不動の3番あるいはアダム・ジョーンズ離脱後の4番として、今やチームの打の顔と呼べる存在の吉田正。今回は、そんな吉田正のどんな部分が打者として優れているのかを、各種の数字や、実際のデータに基づいて分析。その結果を紹介するとともに、類まれなスケールの大きさを秘めた強打者の魅力に迫っていきたい。(※成績は2020年10月19日時点)

 2018年8月15日の西武戦ではバットを折りながら打球をスタンドまで運んだように、一目見るだけで多くの人の印象に残るであろう、力感にあふれるフルスイングが吉田正が持つ最大の魅力の一つだ。数字の上でも昨季は29本塁打を記録しており、30本の大台まであと一歩という数字に。173センチ・85キロとプロ野球としては決して大柄とは言えないものの、そのスイングと打球は強烈なインパクトを持ち合わせている。

 それでいて、ただ振り回すだけというわけではなく、きっちりと高い打率も残すという点は、吉田正が持つ並外れた打撃センスの表れだ。プロ2年目の2017年以降、打率は3年連続で.310を超えており、並外れたフルスイングと優秀な安定感を両立させている。昨季は森友哉(西武)との熾烈な首位打者争いの末に惜しくもタイトルを逃したが、例年以上に高い打率を残している今季は、自身初のリーディングヒッター獲得にも期待だ。

フルスイングだけじゃない、卓越した選球眼

 吉田正が高い打率を記録し続けているのは先述の通りだが、決してフリースインガーというわけではなく、優秀な選球眼を持ち合わせているのも大きな特徴といえる。プロ2年目の2017年以降、毎年.400を超える高い出塁率を残しており、チャンスメイクという観点でもその貢献度は高い。時にはチームのために冷静に四球を選べるという姿勢も、吉田正の打者としての価値をより高めている。

 高い打率と出塁率に加えて、多くの長打も生み出している吉田正の打撃は、野球を統計学的な側面から捉える「セイバーメトリクス」の観点からも高い評価を受けている。吉田正がプロ入り以来残してきた、出塁率と長打率を足して求める、得点との相関性が高い指標の一つとされている「OPS」の数値は、下記の通りとなっている。

 一般的に、OPSは.800を超えれば一流、.900を超えればリーグを代表する好打者とされている。そして、吉田正はプロ1年目の2016年にいきなりOPS.854という数字を残すと、2017年以降は3年連続でOPS.900を突破。2018年からは2年連続で全試合に出場したうえでOPS.956という素晴らしい数字を記録しており、指標の上でもトップクラスの打者と呼べるだけの結果を残している。

 続けて、今季の吉田正が残してきたコース別の打率を見ていこう。ボールコースも含めて各エリアを25分割したゾーンの中で、今季の吉田正が結果球(ラストボール)となった球に対して残してきた打率は、下記の通りだ。

 このように、内角および四隅のボールゾーンを除く場所であれば、ほぼ全てのコースで一定以上の数字を残していることがわかる。辛うじて真ん中から低めのアウトコースが苦手と言えなくもないが、それでも「4回に1回は打たれる」というレベルであり、外角高めや、さらに遠いボールゾーンに行けば3割以上の確率で打ち返されることを考えても、外角を攻めれば安全とはとても言い難いだろう。

 また、内角以外のボール球は高低を問わずほぼ3割以上の数字を記録しており、通常であればバットが届きにくいであろう外角のボール球に対しても優れた数字を残している。すなわち、「高めの釣り球」、「低めに落ちる球」、「アウトコースに外す球」といった、本来リスクの低い配球に対してもヒットというかたちで対応してくるということだ。

 ストライクゾーンの球ならそのほとんどが痛打され、かといってボールゾーンで安易に様子を見ることも許されない。そのうえ、先述した通りに吉田正は抜群の選球眼まで兼ね備えているのだからたまらない。吉田正と対戦するバッテリーが往々にして苦しい投球を強いられているように映るのは、なにも強打者としてのイメージだけが理由ではないのだ。

 次に、吉田正が今季記録してきた、球種別の打率についても見ていきたい。

 コース別の打率と同様、球種別の打率という点でも大きな穴が見当たらないという結果に。この中でもっとも打率が低いのはスライダーだが、それでも打率.279と決して低くはない数字にとどまっている。チェンジアップとカーブに対してかなり優れた数字を記録していることからも、タイミングを外して打ち取るという策が易々と通用する打者ではないことが読み取れる。

 それに加えて、ストレート、シュート、カットボール、シンカー・ツーシームといった、速い球に対しても十二分に高い打率を残しており、緩急どちらに対しても苦もなく打ち返している。さらに、多くの投手にとって決め球となりうるフォークに対しても.400を超える打率を記録しており、低めのボール球を得意としていた先ほどのデータと照らし合わせても、追い込まれてから決めに来る球を安打にできる対応力の高さが感じられるところだ。

 打球方向に目を向けると、右への引っ張りが30本、センターへの安打が38本、左方向への流し打ちが21本、右中間6本と左中間5本と特定の方向に大きく偏ることなく、ある程度まんべんなく打ち分けていた。その一方で、今季記録した12本の本塁打は右方向が多く、安打と本塁打で打球方向に差異が見受けられるのも興味深いところだ。

手術によりケガを克服して以降、2年連続で全試合に出場

 以上のように、打撃面で極めて優れた才能を有している吉田正だが、プロ初年度の2016年は63試合、2年目の2017年は64試合と、それぞれ出場試合数がシーズン全体の半分以下にとどまっていた。豪快なフルスイングの代償として腰にかかる負担も大きく、故障によって年間を通じて一軍に帯同できない時期が続いていたのだ。

 この課題を解消するべく、吉田正は2017年のオフに腰つい椎間板ヘルニアの摘出手術を受けた。この判断は奏功し、2018年から2シーズン連続でシーズン全試合出場を達成。現在も継続中の連続試合出場は既に300試合を超えており、故障によって本来の実力を発揮しきれなかった時期を、完全に過去のものとしつつある。

 以上のように、一目見てわかる強いスイングという見た目のインパクトに加え、数字や指標の面でも非常に優れた数字を記録しているのが吉田正の特徴だ。それに加えて、年々増加している本塁打数や、ひときわ高い今季の打率を見てもわかる通り、今なお進化を続けている途中という底知れないスケールの大きさも、吉田正の魅力をより一層引き立てている。

 名実ともにパ・リーグを代表する強打者の一人となった吉田正は、さらなる活躍の気配をうかがわせる今季、イチロー氏以来となるオリックス生え抜きとしての首位打者獲得を果たし、自身初となる主要打撃タイトル獲得を成し遂げられるか。鍛え抜かれた身体から生み出される迫力満点のひと振りに、今後のオリックスの命運が託されていると表現しても、決して過言ではないことだろう。(「パ・リーグ インサイト」望月遼太)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)