メジャー移籍の意思を表明した二刀流右腕、米記者に聞く移籍先有力候補は?

 今オフのメジャー挑戦を正式に表明した日本ハムの大谷翔平投手。NPBで二刀流を続けてきた23歳は米国でも投打ともに高い評価を得ており、その去就に大きな注目が集まっている。今後、どの球団が移籍先の有力候補として挙がってくるのか。大谷に対して2度の単独インタビュー経験を持つ現地記者に新天地について占ってもらった。

 今回、話を聞いたのは日本ハムの米ピオリアキャンプで大谷に単独インタビューしているMLB公式サイトのバリー・ブルーム記者。同氏は「どのチームも彼を獲得しようとする。だが、彼は二刀流としてのキャリアを求めている。彼の行き先は指名打者制度のあるアメリカン・リーグの球団になると思う」と予想した。

 ア・リーグは日本ハムが所属するパ・リーグ同様、指名打者制で、大谷は先発登板しない試合で、指名打者として打席に入ることができる。ブルーム記者は同リーグの球団の中でも最大の移籍先候補としてピンストライプの名門を挙げた。

「個人的にはヤンキースだ。オオタニの契約金はこのタイミングのメジャー挑戦で低く抑えられてしまうが、資金力に優れるヤンキースは様々な契約の構築が可能だろう。タナカ(田中将大)もいる。オオタニもくれば、素晴らしいローテーションになる。タナカの1年目には、ヤンキースにイチロー、クロダ(黒田博樹)という存在もいた。マツイ(松井秀喜)も何年も活躍していた。日本人選手を大事にするという伝統と土壌もある。クラブハウスでの居心地の良さというものもオオタニにはあるかもしれない」

マリナーズも有力候補の一つ? 「ディポトGMは何が何でも…」

 そう話すブルーム記者は、第2の候補としてマリナーズを挙げた。過去にイチローや佐々木主浩ら多くの日本人選手が所属し、今季まで岩隈久志投手もプレー。「シアトルも理にかなっている。ディポトGMは何が何でもオオタニを必要としている。マリナーズは大株主の任天堂が去ったが、それでも日本との繋がりは深い」と同氏は語る。

 また3番目に挙げたのは今夏までダルビッシュ有投手が所属したレンジャーズ。「テキサスもアメリカ国外の選手に対して素晴らしい伝統がある。ドジャースに移籍したダルビッシュもプレーしていたし、秋(信守)もいる」とブルーム記者は語った。

 以前、行ったインタビューの中でダイヤモンドバックスのデリック・ホール球団社長が「全力で獲りにいく」と決意表明するなど、ナ・リーグの球団も大谷の獲得に動きを見せている。ブルーム氏の見立ては本命ヤンキース、対抗マリナーズ、大穴レンジャーズというところ。ベテラン記者の予想は的中するのだろうか。(Full-Count編集部)