DeNA佐野は2試合欠場もリーグトップの打率.328、中日大島は猛追の2安打で打率.324

 中日は22日、ホームでDeNAを1-0で下した。首位打者争いを繰り広げる中日・大島洋平外野手は4打数2安打で打率も.324に上昇。打率.328でトップを走るDeNA・佐野恵太内野手はこの日も背中の張りで欠場した。これでレギュラーシーズンも残り半月。セ・リーグの首位打者争いは、僅差に5人がひしめく大混戦だ。現役時代、ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜で活躍し、18年まで2年間、ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球評論家の野口寿浩氏は「上位5人にチャンスがある」と、タイトル争いを展望した。

 セ・リーグの首位打者争いは22日を終え、打率.328のDeNA・佐野を.324の中日・大島が追う形。さらに.319のDeNA・梶谷、.315のヤクルト・村上、.314のヤクルト・青木、.308のDeNA・宮崎と続く。野口氏は「残り試合を考えると宮崎は厳しいが、5位の青木までチャンスがある」と予想する。

「打率上位にいるこれらの選手は、いずれも固め打ちができる。1試合で4安打、5安打打てば打率もグッと上がるし、その可能性はある。佐野は背中の張りがどの程度でどんな状態なのか。前半の貯金が物を言ってこの位置にいるが、自分が試合に出ていない中で、下にいる選手たちがヒットを打っているので、気が気ではないと思う。早く復帰して、自分で打てば済むことだと思っているだろう」

 今季、初めてレギュラーをつかみ、初のタイトル争いとなる佐野に対し、青木は05、10年と2度首位打者のタイトルを獲得しており、大島、梶谷も首位打者争いの経験がある。村上も昨年、本塁打王を争っており、今年は3冠王のチャンスもある。そんな中、野口氏は今後の争いをこう展望する。

「過去にタイトル争いを経験している選手たちは対応力がある。誰が来ても不気味。ここで、佐野が焦らず平常心でやれるかだ」

 大島は10月の月間打率.400と現在絶好調。一方、佐野は10月に入って打率.207と失速している。そして野口氏は、それぞれが担う役割の違いが、首位打者争いにも影響してくる可能性があると指摘する。

試合数短縮で「打率が1厘も上がらない時もあるが、今年なら1本打てば1厘上がる」

「大島は出塁するのがメーンの仕事。技術力もあるし、ヒット狙いでヒットを打っていけばいい。役割がはっきりしている分、やりやすい。チームも調子が良く、気持ちもノッている。大島が出塁して3、4、5番、特にビシエドが還すという形が機能しているから、ビシエドが打点トップにいる」

 一方、主軸を打つ佐野、村上、青木は走者を還す役割を担っていることで、逆に対戦を避けられるケースを想定しなければならないという。

「得点圏に走者がいる場面で打席が回ってくると、勝負を避けられて、一塁に歩かされる可能性がある。だが、それでは打率は上がらないので、そういうケースが増えてくると厳しい。ヤクルトの2人は順位争いは関係ないから自分の成績を考えて個人のバッティングができるが、中日、DeNAは順位争いがあるから、チームバッティングを考えなければいけない。これらを総合して考えると、大島が一番自分を曲げずに自分のバッティングをやっていけるのではないか」

 一方で、野口氏は佐野の打撃についても高く評価している。

「佐野はもともと内角には自信を持っている打者。内角の長打力は素晴らしかった。18、19年と1軍を経験し、1軍でもできると感じていたと思う。その中で、苦手な外角、落ちる球への対応力に集中できた。それで今年、全てが花開いた」

 佐野がルーキーだった17年、野口氏はヤクルトの2軍でバッテリーコーチを務めており、イースタン・リーグで佐野と対戦。「佐野は今年だけじゃなくて、ルーキーの年から内角打ちは天才的で、よく本塁打やヒットを打たれた。実力が落ちるヤクルトの2軍投手相手だと抑えることができなくて、『全部内角に投げとけ』と言っても、その内角を打たれて困っていた」と、当時を振り返る。

 今年はコロナ禍で143試合から120試合へと短縮されたことで、打席数が例年よりも少なくなるため、最後までどうなるか分からない首位打者争い。野口氏は「例年なら終盤に1本ヒットを打っても、打率が1厘も上がらない時もあるが、今年なら1本打てば1厘上がる」と話しており、タイトル争いはリーグ最終戦までもつれそうだ。(福岡吉央 / Yoshiteru Fukuoka)