2016年に藤川が阪神に復帰できたのは「金本監督がいたおかげ」

 今季限りでの引退を発表した阪神の藤川球児投手。日米通算250セーブまで、あと5つと迫る中での決断は、驚きを持って受け止められた。日米通算22年の現役生活。NPBでは17年を過ごし、通算779試合で60勝38敗163ホールド243セーブ、防御率2.07という圧倒的な成績を挙げている。

“火の玉ストレート”と呼ばれる剛速球を武器とした右腕は、2012年オフに海外FA権を行使してカブスと契約。阪神のユニホームを脱いだが、メジャーなどで3シーズンを過ごした後、2016年に古巣復帰を果たした。

 阪神OBで元メジャーリーガーの藪氏は、藤川が前例のない阪神への“出戻り”ができたのは、当時の金本知憲監督の熱意があったからだと見ている。

「僕が阪神の1軍投手コーチをしていた2012年のシーズンオフにメジャーに行って、向こうでは思った成績が出せずに、2015年のシーズン中に日本に帰ってくる選択をしました。この時、阪神もオファーを出したけど、あまり誠意のないオファーで、結局、地元・高知の独立リーグに入った。そして翌2016年に阪神に戻ってきたわけですが、あれは金本監督がいたから戻れたんだと思います。

 それまで阪神は、FAで自分の意志でチームを出ていった選手を呼び戻すことはしなかった。むしろ『なんで戻す必要があるんだ』という声があったくらいです。それでも金本監督が熱望したから、球団も折れたんでしょう」

 藪氏も2004年オフに海外FA権を行使して、阪神からアスレチックスへ移籍。5シーズンを海外で過ごした後、2010年途中から楽天に加わった。楽天では11試合に投げて2ホールド、防御率1.36。終盤に負った足の故障の影響もあり、シーズン終了後に戦力外となった。

 この時、現役続行を希望していた藪氏だが、実は古巣・阪神とこんなやりとりがあったという。

2010年オフ、藪氏が阪神に復帰オファーするも…「あっさり断られました(笑)」

「当時、阪神の球団社長だった南(信男)さんに『投手コーチで戻ってこないか?』という打診を受けた時、どさくさに紛れて『もう1回選手で戻して下さい』って言ったら、『ダメだ。それはない。コーチで帰ってこい』って、あっさり断られました(笑)。僕も『あぁ、そうですか』って言いましたけど。

 僕としては、メジャーで100試合にリリーフとして投げていたので、日本ではリリーフとしてどれだけ投げられるか試してみたかったんです。でも、先発で250試合以上投げていたから、先発のイメージが強すぎて、阪神はイメージがつかなかったんでしょうね」

 現役選手として藪氏の阪神復帰は叶わなかったが、藤川は復帰後、今季で5シーズン目。その間にベテランとしてチームには欠かせない存在となった。

「引退会見で谷本(修)球団本部長が言ってましたが、去年の春先に『辞めたい』と申し出たのに、球団は『もう少しやってみたら』と翻意させたそうです。でも、それは藤川投手に力があるからだと思いますね。球団として、そして矢野(燿大)監督としても、チームから抜けられては困る存在。そういう判断があったと思います」

 引退会見後もなお、時速150キロに迫るストレートを投げ込む40歳。藪氏は「自分では真っ直ぐが走っていないイメージだと思いますが、それでもまだ若い投手に負けないボールを投げていますよ」と引退を惜しむ。だが、同時にその姿からは充実感も感じ取っているようだ。

「納得がいかないことも多くなるだろうけど、藤川投手はいろいろし尽くして、満足して引退をしていくタイプ。日米通算250セーブもいけたと思いますが、本人がそこにこだわっていない。本当にいいキャリアだったんじゃないかなと思います」

 2006年の第1回WBCにも出場し、剛速球で並み居る強打者をアウトに仕留め、日本を沸かせた右腕。また、名投手が一人ユニホームを脱ぐ。(Full-Count編集部)