1点差の4回に本盗を冷静に阻止「マンシーが『外せ』と言っているのが聞こえた」

■ドジャース 4-2 レイズ(ワールドシリーズ・日本時間26日・アーリントン)

 ワールドシリーズは25日(日本時間26日)、テキサス州アーリントンで第5戦が行われ、ドジャースがレイズを4-2で下して32年ぶりのワールドシリーズ制覇へ王手をかけた。先発のカーショーは6回途中2失点と好投し、シリーズ2勝目を挙げた。「僕が素晴らしいチームにいるということ。ポストシーズンに進出し、先発する機会を多く得ることができた。明らかにすごく特別な機会。このようなチームの一員でいられることは特別なことだ」と声を弾ませた。

 エース・カーショーが32年ぶりの世界一をグッと引き寄せた。3点リードの3回にディアスの右翼線適時三塁打とアロサレーナの左前適時打を許したが、4回2死一、三塁のピンチでは本盗を狙った三走・マルゴーを落ち着いて阻止した。「正直、プレートを外したのは直感のようなもの。以前に経験したことがあってよかった。マンシーがプレートを『外せ』と言っているのが聞こえ、プレートを外して本塁に投げた。あそこでアウトが取れてよかった」。5回2/3を投げ、6奪三振5安打2失点と好投。シリーズ2勝目はポストシーズン通算13勝目だ。PO通算207奪三振はバーランダー(205奪三振)を抜いて歴代トップとなった。

 第4戦で悪夢の逆転サヨナラ負けを喫したが、初回に2番・シーガーの右前適時打とベリンジャーの二塁適時内野安打で2点を先制。2回にピーダーソンの中越え1号ソロ、5回にはマンシーの右中間1号ソロと効果的に得点を重ねた。(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)