野球解説者の野口寿浩氏が徹底解説、補強ポイントに合致した球団は?

 2020年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日、都内のホテルで開催され、支配下指名で74選手、育成指名で49選手が指名された。今季も多くの球団の試合を現地で解説している野球評論家の野口寿浩さんによるドラフト総括。評価は数年経ってみないとわからないが、今年のウィークポイントを補えたかどうかという観点で評価をしてもらった。

【1位・楽天】
 4球団競合で、大学屈指の左腕、早大・早川隆久投手の交渉権を獲得。「チームにある慢性的な左投手不足を解消できた。3位のENEOS・藤井聖投手も左。来年、松井裕樹投手をどうするかというテーマも出てくると思いますが、今年はリリーフに苦しんだので、またリリーフに回せるのかなとも思います」と解説した。

 2位の法大・高田孝一投手も開幕ローテに十分食い込んでこれる。涌井や岸、則本昂という右腕がいい手本となる。「ベテラン投手が元気なうちに入ってくるのはいい。今年の楽天の補強ポイントは投手。亜大の内間拓馬投手も好投手。リリーフで起用できれば、先発2枚、リリーフ2枚を左右で獲れたというのが大きい」。また、塩見や弓削、藤平らにも相乗効果出ることを期待した。

【2位・DeNA】
 明大・入江大生投手を単独1位指名。「今永、浜口、東、石田と最近は左の先発投手を獲得してきたところで右投手の獲得。平良、上茶谷、入江……キャンプで球を見ないとわからないですが、6枠のいい競争、いいローテが組めるようになってきていると思います」と投手陣に厚みが増したと分析した。

 また2位で強打の内野手・牧秀悟内野手を指名できた点については「柴田、倉本、大和がいた内野陣に牧という長打のある新しいバリエーション。ソトの去就もはっきりしていない、というのもあると思う。流出となった時に対応ができるのでは」とオフを見据え補強したという部分を高いポイントに挙げた。

【3位・オリックスと広島】
 高校生トップクラス、福岡大大濠の山下舜平大投手を1位で指名しただけでなく、2位では3拍子揃った中京高の元謙太選手、3位には明石商の来田涼斗外野手と高校生3人を上位で。5位も強肩強打の捕手、豊橋中央高の中川拓真選手を指名。「昨年1位の宮城もそう、太田、紅林と高校生のいい選手を近年獲得しています。夢の持てる布陣になってきた気がします」

 広島は社会人No.1投手・栗林良吏投手を単独指名。2位は天理大の森浦大輔投手、3位は八戸学院大の大道温貴投手と即戦力投手を指名。今年は新人の森下が先発陣を引っ張っていることから「1,2,3位で即戦力投手を獲得できたのは大きいです。とにかく投手で苦しんだカープですから、栗林くんも森下みたいになるかもしれません。そうなってくると大瀬良が復帰して、厚みも出る」。4位の智弁和歌山・小林樹斗投手も将来性の高い投手とあり、期待の持てるドラフトとなった。

【5位・日本ハム】
 日本ハムは苫小牧駒大・伊藤大海投手を単独で1位指名。北海道出身が3選手と地元に密着。「日本ハムの毎年の特徴でもあるんですが、バランスよく、いろんなタイプを獲得している。足の速い中大・五十幡亮汰外野手、パワーヒッターのJFE東日本の今川優馬外野手と、タイプが違う選手が印象的です」。西川遥輝外野手がもしも、メジャー挑戦となった場合のことも想定してか、補強ポイントと合致。「五十幡くんが9番打者にでもいたら、嫌な選手になる。足のプレッシャーは脅威ですよ」

【6位・ロッテ】
 早大の早川を外したが、法大の152キロ左腕・鈴木昭汰投手を指名。「同じ左の先発もできる投手ですし、補強ポイントに合致していると思います。小島や中村稔というところにもう一枚加われば、切磋琢磨するでしょうし、厚みも増しますね」。2位には1位候補でもあった明石商の中森俊介投手。「将来は、佐々木朗希、中森俊介、夢がありますよね」とチームには若い世代に好投手がいることから、将来性も魅力。安田、藤原、佐々木朗と高校生の逸材を年々、獲得できているのも強みだ。3年後も楽しみだ。

近大のスラッガー・佐藤獲得も阪神は7位、巨人はその下の……理由は?

【7位・阪神】
 近大のスラッガー・佐藤輝明外野手を獲得。「失敗ドラフトではないですが、2、3位で投手。上位の右のパワーヒッターが補強ポイントな気がします」。陽川や中谷らがいるが、ここの厚みが必要だったか。だが、2位のJR東日本の伊藤将司投手は三振も取れる即戦力左腕。「高橋遥とはタイプがまた違う投手の感じがするので、もう1枚、ローテ候補が加わった。全体的に、年齢が高齢化している外野と投手。抜けるところをどう補強するのかと見ていたので、佐藤が獲得できてよかったというのが一番ですね。上武大の佐藤蓮投手や東洋大の村上頌樹投手をケガとはいえ、この順位で獲れたのもよかったと思います」

【8位・ソフトバンク】
 王者の余裕というべきか、高校生中心の育成に特化したドラフトとなった。野口氏はソフトバンクを解説する前に「他の球団とは路線が違うので、同じように評価するのは難しいですね」と話したように、独自のドラフトとなった。「投手は育成から出てくるノウハウもある。野手では1位で花咲徳栄の井上朋也内野手を指名、内川や松田宣だって何年後かにはいなくなってしまうわけで。そうなった後、主軸を張れる人は急務ですね」

【9位・中日】
 地元密着路線とのドラフトとなった。1位で単独で高校生No.1の中京大中京の高橋宏斗投手。2位には地元・豊川高出身、日体大の森博人投手を指名した。補強ポイントは先発投手。森が即戦力で計算できるが、その一人となった。「地元色強い。昨年の石川、一昨年の根尾と地元出身の高校生をとって主力に育てていくという考え方でしょう」と今年のウィークポイントを埋めるという方針ではないようだ。ただ「そういう将来を見据えるという意味ではいいドラフトだったのではなないでしょうか」

【10位・西武】
 「おかわり2世」といえる桐蔭横浜大・渡部健人内野手を1位指名。早大・早川を4球団抽選で外したものの、サプライズ指名となった。2位のNTT東日本の佐々木健投手は即戦力の期待大だが「もうちょっと、投手補強するかと思ったけど、人数的にも投手が欲しかった。野手の高齢化を考えた感じですね。渡部選手は中村の次を任せられるような打者じゃないかなと思う」と球団の考えは理解できる。ただ「やはり即戦力の投手がいないのは気になりますね。ヤクルトが1位指名した木澤(慶大)が単独で取れたのではと思う。渡部選手は2位でも取れたのではと思ってしまう」

【11位・ヤクルト】
 早大・早川、法大・鈴木をくじで外し、慶大・木澤尚文投手を獲得。「2回くじを外して、木澤を獲れたのは大きいですね。いい投手だと思う。単独1位でもおかしくない投手。2位の東北福祉大・山野太一投手も(同大の監督の)大塚さんが負けない投手と仰っていた」と即戦力投手の素材の良さは野口氏も把握していた。しかし、戦力補強という意味ではどうか。「ヤクルトは補強ポイントはたくさんあるから、難しいんですが、青木、坂口、雄平の外野手の年齢を考えると、外野手はとっておいたほうがいいのではないか。他のポジションもバランスよく行かないといけない」

【12位・巨人】
 亜大の好投手・平内龍太投手を獲得し、2位の東海大・山崎伊織投手は怪我さえなければ、複数球団が1位指名をしてもおかしくない投手。万全ならば、山崎もトミー・ジョン手術から復活後、ローテの一角、二桁勝利できる逸材。3位の中京大中京の中山礼都内野手も高校屈指のショート。将来性やバランスを見れば、成功のドラフトだったかもしれない。ただ、なぜ12位なのか。

「くじ運が悪かったという点と今年の戦いを見た上では即戦力の先発投手の獲得だったのではないでしょうか。2位の山崎投手はリハビリから、平内投手はリリーフとしての評価が高い。今年、リーグ連覇目前とし、多少の余裕あるのかもしれないですね」。周囲が言うほど、即戦力先発投手が補強ポイントではなかったのかもしれないとも取れる。今年の戦力補強という観点だと「ローテをどうするんだろうは思いますが、原監督が考えた上での指名なので、来年のキャンプ、始まるのが楽しみですね」

 ドラフトの結果は数年後になってみなければわからない。あくまで、今年のウィークポイントが埋まったかどうかの評価基準ではあるが、このような見方で今年のドラフトを振り返るのも面白いかもしれない。(Full-Count編集部)