きっちり犠打&バット折りながら内野安打&フェン直2点タイムリー

■日本ハム 6-1 オリックス(31日・札幌ドーム)

 ベンチで圧倒的な存在感を見せている日本ハムの杉谷拳士内野手。31日の本拠地でのオリックス戦ではグラウンドでも躍動する姿を見せ、ファンの注目を集めている。

 杉谷は「2番・左翼」でスタメン出場すると、無死二塁で迎えた初回の第1打席できっちり犠打を決めて献身ぶりを披露。2回にはバットを折りながらも二塁内野安打をマークし、6回1死満塁のチャンスでは中堅フェンス直撃の2点適時二塁打。3打数2安打2打点と奮起した。

 この活躍を「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeでは「杉谷拳士さん『2番打者として普通に素晴らしい仕事』」と題して動画を公開。ファンからは「杉谷って二人いてほしいよね レギュラーで出る杉谷と代打、代走、守備交代なんでもきるスーパーサブ杉谷」「普通の杉谷、物足りぬぜ」などと様々な反応が。さらに杉谷が毎年恒例で出演しているテレビ番組での「リアル野球盤」にひっかけ「年末に向けて万全の調整中」「リアル野球盤に合わせてきたなあ」と爆笑する声もあった。(Full-Count編集部)