2日にヤクルトは2014年ドラフト2位の風張ら7選手に戦力外通告

 ヤクルトは2日、近藤一樹投手、山田大樹投手、田川賢吾投手、風張蓮投手、平井諒投手、山中浩史投手、育成選手のジュリアス投手の計7選手に来季の契約を結ばないことを伝えたと発表した。風張は2014年ドラフト2巡目で東農大北海道オホーツクから入団した右腕。これでヤクルトの2014年ドラフト指名選手はわずか6年で全員が戦力外通告を受けることとなった。

 風張は大学日本代表に選出されるなど活躍し、入団したが、2015年のイースタンの初登板、1軍デビュー登板でも危険球退場を経験。それでも2018年にリリーフで2勝を挙げていた。この年の1巡目の竹下真吾投手らをはじめ、風張以外の支配下6選手、育成1選手の同期入団はすでに戦力外通告を受けていたため、2014年組が姿を消すことになる。

 この年のドラフトは早大・有原航平投手(現日本ハム)に4球団が入札。済美・安楽智大投手に楽天とヤクルトが重複した。楽天が交渉権を獲得し、ヤクルトは竹下を指名した。有原を外したDeNAと阪神は山崎康晃投手を指名し、交渉権はDeNAが獲得。阪神は横山雄哉投手をその後、指名。広島は野間峻祥外野手の交渉権を獲得した。巨人は4番に成長した岡本和真内野手を単独、ロッテも中村奨吾内野手を1巡目で指名し、今ではチームの中心となっている。

 その他、西武3巡目で外崎修汰内野手、ロッテ3巡目で岩下大輝投手、ソフトバンク2巡目で栗原陵矢捕手らが指名され、今はチームに欠かせぬ存在になっている。また、オリックスは1巡目・山崎福也投手、2巡目・宗佑磨内野手、3巡目・佐野皓大外野手、そして7巡目・西野真弘内野手、8巡目・小田裕也外野手、9巡目に今季プロ初勝利した鈴木優投手と1軍出場している選手が多く存在しているというのが2014年ドラフトの特徴だ。(Full-Count編集部)