29本塁打の巨人・岡本を阪神・大山と巨人・丸が2差で追う展開

 阪神の大山悠輔内野手は4日のヤクルト戦(甲子園)でサヨナラ27号ソロ。10月13日の中日戦(ナゴヤドーム)以来19試合ぶりの一発でリーグトップの巨人・岡本和真内野手に2本差に迫った。

 本塁打争いが超熾烈な展開だ。カギとなる残り試合は岡本、丸の巨人は5試合、大山の阪神は4試合。10日に甲子園で行われる最後の“直接対決”は見ものとなりそうだ。

 両軍の残り対戦カードを見ると、巨人はヤクルト2試合を残し、広島、阪神、DeNAと1試合ずつ。阪神はヤクルト、広島、巨人、DeNAと1試合ずつ残している。3選手のカード別の対戦成績を見ていきたい。

巨人・岡本和真内野手

広島戦:23試合、打率.256、7本塁打、25打点
ヤクルト戦:22試合、打率.297、9本塁打、24打点
阪神戦:21試合、打率.269、3本塁打、13打点
DeNA戦:23試合、打率.294、7本塁打、16打点

巨人・丸佳浩外野手

広島戦:23試合、打率.244、2本塁打、12打点
ヤクルト戦:22試合、打率.349、7本塁打、14打点
阪神戦:23試合、打率.222、4本塁打、14打点
DeNA戦:23試合、打率.351、11本塁打、21打点

阪神・大山は甲子園で今季12本塁打、残り3試合の甲子園を味方にできるか?

阪神・大山悠輔内野手

ヤクルト戦:22試合、打率.228、2本塁打、11打点
広島戦:23試合、打率.270、8本塁打、18打点
巨人戦:21試合、打率.288、5本塁打、10打点
DeNA戦:23試合、打率.413、5本塁打、22打点

 巨人・岡本は残り2試合のヤクルト戦でカード別最多9本塁打を放っている。さらに舞台は東京ドーム。今季東京ドームでは打率.320、17本塁打を記録しているとあって、本塁打王をグッと近づけるために7、8日のヤクルト2連戦を無駄にしたくないところだ。

 巨人・丸もヤクルトとの相性は良く、打率.349、7本塁打はカード別では対DeNAに次ぐ好成績。11月は11打数2安打と結果は出ていないが、10月に月間10本塁打した打撃を取り戻せば、同僚の岡本を逆転する可能性もありそうだ。

 阪神・大山は4日に結果の出ていなかったヤクルト戦で待望の一発を放った。残り試合は甲子園、マツダ、甲子園、甲子園。甲子園では打率.303、12本塁打。マツダでも打率.362、5本塁打と好成績を残している。広い本拠地で前夜に続くアーチとなれば、タイトル奪取の機運も高まりそうだ。

 本塁打王争いは4位のヤクルト・村上宗隆が26本塁打、5位タイの広島・鈴木誠也、DeNAのネフタリ・ソトは25本塁打と続いている。いずれにしても最終戦まで目が離せない展開となっている。(Full-Count編集部)