ソフトバンクはまだ支配下選手への戦力外通告が行われていない

 プロ野球界では11月2日から各球団が来季の契約を結ばない選手にその旨を通告する、戦力外通告期間がスタートした。5日までの4日間で12球団が1度目の戦力外を発表し、支配下登録、育成選手合わせて計77選手に通告がなされた。

 今季の戦力外通告期間は日本シリーズ終了翌日までと定められている。各球団はそれぞれ10月26日に行われたドラフト会議で、ルーキーを複数名指名している。支配下登録の枠は70人に決められており、指名したルーキーと同数程度は戦力を削らなければならない。

 さらには各球団、シーズン中の補強の可能性を残すために支配下登録は65人前後で開幕を迎えるのがオーソドックス。そこで各球団の戦力外通告を受けた選手および、現役を引退する選手、自由契約となる選手と、ドラフト指名選手数を比較。今後の更なる戦力整理の可能性があるか見ていこう。

【ソフトバンク】支配下登録枠68人(ドラフト指名5人)
内川聖一内野手 退団

 ソフトバンクは育成の8選手には戦力外通告を行ったが、現時点で支配下選手への通告は行われていない。リーグ優勝を決めてCS、日本シリーズの戦いが控えており、支配下選手への通告はポストシーズンの全日程終了後になりそう。今季の支配下は68人。ドラフトでは井上朋也内野手ら5人を指名した。最低でも5人ほど、開幕前やシーズン中の補強や支配下昇格を考慮すると、おそらく7、8人程度の戦力整理がこれからあるだろう。

CSを争う西武とロッテも支配下選手の戦力外は3人にとどまっている

【西武】支配下登録枠67人(ドラフト指名7人)
高橋朋己 現役引退
多和田真三郎投手 戦力外通告(育成再契約を打診)
相内誠投手 戦力外通告
藤田航生投手 戦力外通告

 3年連続のリーグ優勝を逃した西武だが、まだCS進出の可能性が残っている。支配下は現在67人。ドラフトでは渡部健人内野手ら7人を指名した一方で、戦力外となったのは相内ら3選手。現役引退の高橋朋を含めても、支配枠は4枠しか空けられておらず、この先3人から5人程度の戦力整理があるか。

【ロッテ】支配下登録枠70人(ドラフト指名5人)
内竜也投手 戦力外通告
細川亨捕手 戦力外通告
細谷圭内野手 戦力外通告

 西武と激しい2位争いを繰り広げているロッテ。こちらもまだCS進出の可能性が残っており、戦力外通告は内竜也、細川亨、細谷圭の3人にとどまっている。ドラフトでは鈴木昭汰投手ら5人を指名。支配下登録枠は制限いっぱいの70人となっており、全日程終了後に二次戦力外で5人前後への通告がありそうだ。

【楽天】支配下登録70人(ドラフト指名6人)
渡辺直人内野手 現役引退
由規投手 戦力外通告
渡邊佑樹投手 戦力外通告(育成契約を打診)
熊原健人投手 戦力外通告
山下斐紹捕手 戦力外通告
ルシアノ・フェルナンド外野手 戦力外通告

 CSの可能性が消滅した楽天。今季の支配下登録は上限いっぱいの70人で、渡辺直が現役を引退、由規や山下ら5選手に戦力外を通告した。一方でドラフトでは目玉だった早川隆久ら6人を指名。現状では支配下選手はプラスマイナスゼロで、あと数人分の枠を空けておきたいところだろうか。

オリックスはすでに支配下7選手に通告して枠を確保

【日本ハム】支配下登録枠69人(ドラフト指名6人)
浦野博司投手 現役引退
黒羽根利規捕手 戦力外通告
白村明弘外野手 戦力外通告

 日本ハムの現在の支配下登録は69人。ドラフトでは伊藤大海投手ら6人を指名した。その一方でここまで発表となっているのは、浦野の現役引退、黒羽根と白村への戦力外通告。6人の指名に対して、支配下枠は3枠しか空けられておらず、今後、何らかの発表があるだろう。

【オリックス】支配下登録67人(ドラフト指名6人)
山崎勝己捕手 現役引退
東明大貴投手 戦力外通告
左澤優投手 戦力外通告
飯田大祐捕手 戦力外通告
白崎浩之内野手 戦力外通告
小島脩平内野手 戦力外通告
松井佑介外野手 戦力外通告
根本薫外野手 戦力外通告

 最下位に沈んだオリックスは山崎勝が現役引退、さらには東明や白崎ら7選手に戦力外を通告した。ドラフトでは山下舜平大投手ら6人を指名した。現時点で支配下選手は2人減の65人。助っ人らの出入りはあるだろうが、更なる通告はなさそうか。(Full-Count編集部)