2番・左翼」でスタメン 初回無死一塁でバントの構えからヒッティング

■オリックス 4-3 日本ハム(6日・京セラドーム)

 日本ハムの杉谷拳士内野手が6日、敵地でのオリックス戦で抜群の器用さを披露した。打席でバスターを見事に決めて先制点をもたらした姿に、ファンは素直に称賛の声を上げた。

 杉谷は「2番・左翼」でスタメン。初回無死一塁で迎えた第1打席で、初球にバントの構えからバットを引いてスイングすると、打球は左翼線へ。オリックスの左翼・中川の拙守もあり、一塁走者の樋口は一気に生還を果たした。

 的確に仕事をこなした杉谷の姿を「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeは「【何でもデキる!!】杉谷拳士『バスター上手すぎ、器用な拳士』」と題して動画を公開。普段なにかとベンチでの姿を取り上げられるが、今回ばかりはファンも「これが日ハムで使われ続けられる理由か、、」「なんというコンパクトなスイング」「バスターの飛距離じゃない笑」と絶賛していた。(Full-Count編集部)