千賀の投球フォームは「肩の回転などメカニックがいい」

 シーズン最高の投手として、ナ・リーグの「サイ・ヤング賞」を受賞したトレバー・バウアー投手。今オフにレッズからFAとなり、NPBも視野に入れるとの発言から日米で去就に関心が集まっている。そんな注目の右腕に、「Full-Count」ではかつてインタビューを実施。ソフトバンク・千賀滉大投手の投球フォームの分析や、日本への愛を語っている姿に、あらためて注目するファンもいた。

 インタビューはレッズにトレードで移籍する前の2019年に実施。動画では、バウアーが千賀の投球フォームを見て特徴を解説。「下半身の動きがとてもいいし、肩の回転などメカニックがいい」「腕を振る際、手が顔から離れる投手もいるが、千賀の場合はまっすぐホームに向かって投げられている」などと良さを語っている。さらに日本への愛も告白。大好物は寿司だといい「何時間でも食べていられるほど」と笑顔で話していた。

 そんなバウアーは自身のツイッターに「私はMLBとNPBのどの球団からのオファーも考慮する」と投稿したのをきっかけに、日本でも注目度が急上昇。れをきっかけに動画を見たファンも多いようで「めちゃくちゃナイスガイだな。思う存分日本で寿司を食べてもらいたい」「ホークスに来たら間近で見れますよ」「分析力が凄いね」などと興味津々のようだった。

 米最高投手の称号を得た“鬼才”の決断ははたして――。日本ファンの期待もぐんぐん高まっている。(Full-Count編集部)