今季は4番として118試合に出場し打率.275、31本塁打97打点、本塁打&打点の2冠を獲得

 巨人の岡本和真内野手が本塁打、打点と打撃タイトルで2冠を達成した。31本塁打、97打点とジャイアンツの4番として相応しい成績を残した岡本が全ての人に感謝する姿を巨人公式ツイッターが公開した。

 今季は4番として118試合に出場し打率.275、31本塁打97打点と堂々たる成績を残しリーグ連覇に貢献。シーズン終盤には阪神・大山、ヤクルト・村上とのタイトル争いを制した。

 巨人公式ツイッターでは「#岡本和真選手 #最多本塁打者賞(31本・初受賞)& #最多打点者賞(97打点・初受賞)の2冠を獲得」とコメントを添え祝福し、岡本自身が2冠を手にした瞬間の動画も公開した。

「自主トレからバッティングピッチャーの方、コーチの皆さん、コーチもそう、裏方、皆さんがやりやすいようにサポートしてくれました。そのおかげでタイトルを取れたと思いますし、優勝もできたと思っています。最後は日本一になって、しっかり喜んでもらえるように頑張りたいと思います」

 タイトル獲得に浮かれることなく、サポートしてくれた全ての人に感謝の言葉を口にした岡本。昨年の日本シリーズではソフトバンク相手に4連敗を喫したが、その雪辱を打撃2冠を手にした“若大将”が晴らしてくれそうだ。(Full-Count編集部)