2001年当時のGMギリック氏「才能と能力は特別なもの」

 来季でメジャー18年目、現役27年目を迎えるイチロー外野手。今オフはフリーエージェント(FA)として契約先を探しているところだが、“メジャーリーガー”イチローが誕生するきっかけを作った恩師が来季の契約獲得を確約した。

「来季も100%現役生活を続けられる」と力強く断言したのは、元マリナーズGMのパット・ギリック氏。現在はフィリーズでシニアアドバイザーを務めるが、2001年にマリナーズでイチローと契約を結んだ当事者だった。「彼の素晴らしさは当時も今も変わらない」と来季開幕を44歳で迎えるベテランを称えた。

 最近のメジャーは若手選手を積極的に起用する傾向にあり、ベテラン選手にとって向かい風の状況とも言える。今季は136試合に出場し、打率.255の成績だったイチローにとっても、史上30人目の通算3000安打達成という実績はあるが、決して容易い状況とは言えない。だが、ギリック氏は「イチローが持つ才能と能力は特別なもの。若い選手には決して負けないし、彼らを凌ぐ経験もある。その価値を必ず理解する球団はある。私は100%確信している」と話した。

 最低でも50歳まで現役宣言をしているイチローにとって、恩師の言葉は何よりも心強い味方になりそうだ。(Full-Count編集部)