1993年、ヤクルトで日本シリーズ打率4割&好守連発の元鷹コーチ・飯田哲也氏が経験談を語る

 ソフトバンクの栗原陵矢捕手が「SMBC日本シリーズ2020」で8打数7安打、打率.875と大活躍。巨人との頂上決戦2連勝に貢献している。ヤクルトで日本一を経験し、昨季までホークスのコーチだった飯田哲也氏は「栗原は今年のシリーズ男になれる」と残り試合も好調を維持できると断言。自身が経験した“勢い”に通じるものがあるという。

 ロッテとのクライマックスシリーズでは無安打に終わっていた男が、第1戦の第1打席で先制2ランを放つなど、3打数3安打4打点の活躍。この日も5打数4安打。2017、18年には2軍で打撃コーチとして栗原を指導してきた飯田氏は、栗原の豹変ぶりの理由を明かした。

「栗原はCSの時も初めてで緊張していただろうが、打てなくて空回りしていた。その気持ちは日本シリーズでも変わらなかったと思うが、プレッシャーがある中、初戦の1打席目で本塁打を打ったことで吹っ切れたように見えるし、リラックスして打席に立てている。あの本塁打があったから、2戦目も結果が出た」

 プロ6年目の栗原は、今季初めて開幕スタメンに選ばれると、そのままレギュラーの座を獲得。打率.243、17本塁打、73打点の結果を残した。だが、シーズン終盤の11月はなかなかヒットが出ず、クライマックスシリーズでも2試合とも無安打。しかし、短期決戦となる日本シリーズでは、シーズンの成績と関係なく「シリーズ男」が生まれることも多い。飯田氏も西武を破って日本一に輝いたヤクルト時代の1993年には、日本シリーズで栗原と同じような状態だったという。

誰も止められない勢い「レギュラーシーズンと日本シリーズは別物」

 飯田氏の1993年のレギュラーシーズンの打率は.216。だが日本シリーズでは初戦で3打数2安打1打点の活躍をみせると、その後も結果を出し、打順も第3戦からは9番から1番へと昇格。6試合連続安打を放ち、両チーム最高打率となる4割をマークした。守備でも第4戦でセンターから本塁への好返球のバックホームで二塁走者の生還を阻止し、優秀選手に選ばれている。

「93年の時はシーズン中はケガもあり、全然打てていなかった。でも、レギュラーシーズンと日本シリーズは別物。自分も初戦で(適時打を)打てて、そのまま乗っていった。自分も“栗原状態”というか……。栗原と同じような感じだった」

 勢いに乗ってしまえば、誰ももう止められない。シリーズ男はシーズンなどとは“別の人格”が乗り移ることもあるのだ。それだけに、飯田氏は第3戦以降も栗原がソフトバンク打線の鍵を握る存在になると見る。「ここからガクンと調子が落ちることはないだろうし、このままいけば、栗原がこのシリーズのラッキーボーイ的な存在になる」。スタメン出場は初となる大舞台ながら2試合続けて結果を残した24歳。相手のマークが厳しくなる中、本拠地での第3戦目以降もその打棒は火を吹き続けるのか――。栗原のバットに注目だ。(Full-Count編集部)