育成契約のスターリン・コルデロはマイナー通算80試合に登板

 DeNAは24日、スターリン・コルデロ投手と2021年シーズンの育成選手契約を結ぶことで合意したと発表した。身長201センチ体重100キロの大型右腕で、2015年から今季までパドレス傘下マイナーでプレー。メジャー経験はなく、マイナー通算80試合登板で8勝6敗、防御率4.67をマークしている。

 DeNAは21日にも元レッズの196センチ右腕ケビン・シャッケルフォード投手と育成選手契約している。両投手とも背番号3桁からスタートすることにはなるが、早い段階で1軍戦力になることを期待させている。

 日本ハムはコーチ人事を発表。今季までDeNAで1軍外野守備走塁コーチを務めていた上田佳範氏が外野守備走塁コーチに就任。矢野謙次外野守備コーチ兼打撃コーチ補佐が来季から2軍打撃コーチに配置転換されることになった。

 上田氏は2009年から7年間は中日で、2016年からはDeNAで外野守備走塁コーチを歴任。2005年以来、16年ぶりの古巣復帰となる。

■パ・リーグ
【日本ハム】
上田佳範氏 外野守備走塁コーチ
矢野謙次外野守備コーチ兼打撃コーチ補佐 2軍打撃コーチ

■セ・リーグ
【DeNA】
スターリン・コルデロ投手 育成選手契約(Full-Count編集部)