2007年の中日・山井&岩瀬の完全試合以来となる継投ノーノーは逃す

■ソフトバンク 4-0 巨人(日本シリーズ・24日・PayPayドーム)

 ソフトバンクが日本シリーズ史上2度目の継投によるノーヒットノーランは逃したものの、4年連続の日本一に王手をかけた。24日に本拠地PayPayドームで行われた「SMBC日本シリーズ2020」第3戦。2勝0敗で迎えたソフトバンクは先発のムーアが7回まで無安打に抑える圧巻の投球を見せると、9回の森が2死から安打を許すも、勝利は掴み取った。2007年の日本シリーズで中日の山井大介、岩瀬仁紀が完全試合を達成して以来、史上2度目の偉業は逃したが、ついに王手をかけた。

 ソフトバンクは3試合連続で先制点を奪った。3回、2死から周東がシリーズ初安打となる内野安打を放って出塁。続く中村晃がここまで好投していたサンチェスから右翼スタンドへと飛び込む2ランを放ち、2点を先制した。

 このリードをムーアが圧巻の投球で守った。初回、先頭の吉川尚を遊撃・牧原の失策で出塁させ、いきなり無死二塁のピンチを背負った。だが、松原は犠打失敗。坂本は空振り三振、岡本を遊ゴロに打ち取り、無失点に凌いだ。

 2回も1死からウィーラーが四球で出塁させたが、亀井をニゴロ併殺打。3回以降もヒットすら許さず。5回には先頭の丸に四球を与えたものの、後続を打ち取った。7回まで出した走者は四球とエラーの走者だけで、無安打5奪三振と巨人打線をねじ伏せた。

 ソフトバンクは7回に中村晃、グラシアルの適時打で2点を追加してリードを4点に広げた。日本シリーズ史上初のノーヒットノーランへの期待が高まったが、ムーアは7回93球で降板。8回はモイネロ、9回は守護神の森が丸に中前打を許すも、後続を抑えて試合終了を迎えた。これで日本シリーズは11連勝、対戦成績を3勝0敗として4年連続日本一、2年連続でのスイープに王手とした。(Full-Count編集部)