カージナルスからアスレチックスへトレードが発表されたピスコッティ

 今月14日(日本時間15日)にカージナルスからアスレチックスへのトレードが発表されたスティーブン・ピスコッティ外野手。発表前から“心温まるトレード”として話題となった同選手の移籍について、両親が地元メディアの取材に答えている。米メディア「プレス・デモクラット」が伝えている。

 26歳の外野手はメジャー2年目の昨季153試合の出場し、打率.273、22本塁打、85点と躍進。今季は打率.235に終わったものの、将来を有望視される外野手の一人だ。同選手は母・グレッチャンさんが難病の「筋萎縮性側索硬化症」(ALS)を発症。今回のトレードで来季からカリフォルニアに住む母親の近くでプレーできるようになった。

 このトレードに関しては成立前から地元メディアが母の状況も影響した様子をレポートし、米紙「サンフランシスコ・クロニクル」電子版ではカージナルスのマイク・マシーニ監督が「彼を思うと心が痛む。とてもとても困難なことだと理解している。彼には協力的でありたいと思っているし、我々に出来ることを見つけ出していかなければいけない」とコメント。米メディア「ファンラグ・スポーツ」のジョン・ヘイマン記者も「これは心温まるトレードだ。カーズとA’s(カージナルスとアスレチックスの愛称)は素晴らしい仕事をした」と自身のツイッターで評していた。

父は「両球団に感謝」、母も「彼がそばにいるのは素晴らしいこと」

 そして、移籍決定を受けて「プレス・デモクラット」は「アスレチックス新外野手スティーブン・ピスコッティの家族がトレードに感謝」との見出しで特集記事を掲載。記事の中で父のマイクさんは「カージナルスは彼を別の場所に送ることもできたと思います。彼らは私たち家族にとって助けになる場所を選びました」と語り、「両球団に感謝しています」とコメントしている。

 またマイクさんはトレードとなった息子が複雑な心境を吐露したことを明かしつつも、「夢が叶ったんだ、と彼は言いました。(地元球団の選手になることに)本当にワクワクしていましたよ」と振り返っている。

 一方、記事によると母のグレッチャンさんは「祝福のメッセージで私の電話は鳴りっぱなしでした」、「彼のプレーを観に行くために飛行機に乗らなくてもいいのは、素晴らしいことです。彼がそばに、家の近くにいるのは素晴らしいことです」と語り、カージナルスに感謝したという。

 来年1月で27歳を迎える外野手は新天地の地元球団でどのようなプレーを見せてくれるのか。来季の活躍が期待される。(Full-Count編集部)