21世紀の最強外野手はイチロー、トラウト、ホリデー

 米人気スポーツ誌「スポーツ・イラストレイテッド」はメジャーリーグの21世紀ベストナインを発表し、イチロー氏が右翼手で選出された。

 同誌は「不正を働いた選手は抜きにして、21世紀のベストプレーヤーたちを祝福する」とし21世紀の“最強メンバー”を選出。今回のベストナインは2000年シーズンから2020年シーズンまででプレーした選手を選出。薬物規定違反などで罰せられた選手は対象外となっている。

 2001年からマリナーズでプレーし新人王、シーズンMVP、10年連続200本安打を放つなど数々の記録を打ち立てたイチロー氏は右翼手部門で選出され「19年間で3089安打を放ったスズキもまた、当然の選出だ」と“満場一致”だったことを伝えている。

 また、イチロー氏と共に選出された外野メンバーは左翼手でロッキーズ、カージナルスなどで通算2096安打316本塁打をマークしたマット・ホリデー氏、中堅手ではエンゼルスのマイク・トラウトが選ばれている。

〇21世紀のメジャーリーグベストナイン

先発投手 ジャスティン・バーランダー
救援投手 マリアーノ・リベラ
捕手 ヤディアー・モリーナ
一塁手 アルバート・プホルス
二塁手 チェイス・アトリー
遊撃手 デレク・ジーター
三塁手 エイドリアン・ベルトレ
左翼手 マット・ホリデー
中堅手 マイク・トラウト
右翼手 イチロー・スズキ
指名打者 デビッド・オルティス(Full-Count編集部)