「悔しかった」―来季の飛躍誓う西武・高橋光

 オーストラリアのウィンターリーグに参加していた高橋光成が23日、契約更改を行った。150万円ダウンの2150万でのサインとなった。

 今季は、5月末に発症した右肩違和感の影響もあり、登板7試合3勝4敗、防御率4.12の成績に止まり、不完全燃焼のシーズンとなった。「スタートは開幕ローテに入れて、まずまず良いスタートは切れたと思うのですが、1年間ローテーションを守れなかったのは、悔しかった」と、改めて振り返った。

 それでも、自身初の肩の負傷を機に、「(肩の)痛みも、身体の弱さが原因。しっかりと、自分の身体のことについて知ろう」と、改めてトレーニング法やケアの重要性を見つめ直せたことは、今後の野球人生にとって大きなプラスとなった。

 また、ウインターリーグで得たものも多かった。秋季キャンプで、土肥義弘投手コーチと、シーズン通して投げ切れるフォーム作りに着手。そのフォーム固めとともに、「結果だけではなく、いろいろなことを試して来い」と送り出された中、特に投球術を意識した投球を心がけた。結果、「自分はいつも、1球1球、力を入れすぎて投げている感じでした。でも、軽く投げても、バッターの反応が、差し込まれてるような感覚があって。『全力で投げなくても、これだけ打者と対戦できるんだ』と感じました」。

野上から受けていたアドバイス、「初めて自分の中でつかめた」

 加えて、シーズン中から、目標とする先輩投手の一人、野上亮磨(今オフFAで巨人に移籍)から、「同じストレートでも、緩急をつけて投げることが大事」だとアドバイスを受けていたが、「その感覚が、わからなくて。どうしたらいいんだろうと思ってはいた」。その答えにもつながった。

「前に変化球を投げて、打者の頭に印象付けるとか、いろいろなことをしながら駆け引きをする中で、今までは真っすぐを、ただ力一杯投げてファウルを取るという感じだったのですが、軽く投げてもファウルになった。そういう感覚が、初めて自分の中でつかめて、良い駆け引きができたと感じています」

 今季11勝を挙げた貴重な先発ローテーション投手、野上がチームを去り、来季4年目を迎える20歳右腕の飛躍成長に期待は高まるばかりだ。オーストラリアでは、外国人選手とも積極的にコミュニケーションを図り、様々な視点から多くの話を聞けたという。

「日本でも、外国人打者と対戦する機会はあるので、必ず生きてくると思います。来年は、とにかく1年間ケガをせず、ローテーションを守ることと、イニング数をたくさん投げられることが目標です。それができれば、必ず結果がついてくると思っています」。エース候補の本格開花なるか。来季の活躍に注目だ。(金額は推定)(上岡真里江 / Marie Kamioka)