西武・中塚が2年目へつかんだ手応え

 西武のドラフト2位ルーキー・中塚駿太投手が23日、埼玉県所沢市の球団事務所で初の契約交渉に臨み、現状維持の推定年俸1200万円でサイン。プロ1年目のシーズンを「充実した1年でした」と振り返った。西武はこの日、中塚の契約更改をもって、来季所属全選手との契約更改を終えた。

 中塚は9月24日のオリックス戦(メットライフ)でデビューを果たすも、2死から12球連続ボールで降板と、厳しい現実に直面。しかし「自分でも、初登板がそんなに上手くいくとは思っていなかったので、ああいう結果になって(課題がはっきりして)良かったのかなと思います」と、前向きに捉える。

 また、11月中旬から、オーストラリアでウインターリーグに参加したことも、大きな収穫となった。シーズン終盤、「ストレートで空振りが取れていない」との反省から、フェニックスリーグ、秋季キャンプでは直球のキレを磨くことに専念。「その(フェニックスリーグ、キャンプで磨いた)真っすぐで勝負し、どれだけ通用するか」をテーマに渡豪した中、中継ぎで登板して毎試合のよう三振を奪い、手応えを得た。「けっこう時間はかかりましたが、最後は自分が求めていたストレートに近づけたと実感できました」。周囲からも、「自信を持って日本に帰っていい」と、太鼓判を押されたという。

募る危機感、「来年は大卒2年目であとがない」

 さらに、今回の海外修行によって、間違いなく野球への考え方、取り組みが一変した。「僕、今、野球しか夢中になるものがないんです」と、間もなく23歳の誕生日を迎えるオーストラリア帰りの右腕。「オフになったのに、こんなにもトレーニングのことやスケジュール、自分のピッチングのことなど、野球のことだけを考えるとは、自分でも思っていませんでした」。

 1年を過ごし、プロ野球の世界が、結果を残さなければ生き残れない、想像以上に厳しい世界であることを痛感した。さらに、「どんどん新しいピッチャーが入ってくる」と、早くも危機感すら募らせる。その不安を払拭するためにも、また、オーストラリアで手にした確かな手応えを来季の結果につなげていくためにも、「これから、1月にかけての過ごし方が、本当に大事だと思っています」と、自らに言い聞かせるように話す。

「来年は大卒2年目であとがない。まずは開幕1軍を目指し、(中継ぎで)20試合以上投げられるように」と、来季を見据えた。(上岡真里江 / Marie Kamioka)