株式会社JAPANNEXTは、4K SVAパネルAMD FreeSync対応55型曲面ワイド液晶モニター「JN-VC555UHD」を2020年9月11日(金)に発売した。
発売を記念して、2020年9月30日(水)まで特価販売セールを実施する。

高性能モニターを多数取り揃えるメーカーの大型曲面4Kモニター

JAPANNEXTは高性能なゲーミングモニターや大型の4K液晶モニター、さらにはデスクワーク用のモニターまで幅広いモニターを扱うメーカーだ。
そんなJAPANNEXTが今回発売したJN-VC555UHDは、HDRに対応した曲面55型4K(3840 x 2160)解像度液晶モニター
HDR機能を使用することで、よりリアルに迫った色鮮やかな映像体験を味わうことができる。
テレビ用に作られたチューナーなしのディスプレイではなく、PC用規格の4K解像度に対応し、動画や画像、細かい文字まで綺麗に表示してくれる。

大型の曲面4Kモニターは我々に新たな体験をもたらす

画面の隅々まで見やすい曲面モニター
画面の隅々まで見やすい曲面モニター

フラットな大型モニターは、端が中央より遠くにあるため、目には台形にゆがんだスクリーンに見える。
そのため、フラットな大型モニターでは作業領域が大きくなっても端に表示されるコンテンツは見づらく、PC作業には向いていないと言われる。
その一方、JN-VC555UHDでも採用されている曲面モニターは、焦点距離が均一化されることによりフラットモニターに比べて無駄に目を動かす必要がなく、端に表示されるコンテンツの見やすさも格段に向上する。

圧倒的な没入感と臨場感が得られる
圧倒的な没入感と臨場感が得られる

また、その見やすさから作業だけでなく、ゲームのプレイや映画の視聴などでも圧倒的な没入感や臨場感を体験することができる。

HDMI2.0、HDCP2.2対応で4K配信コンテンツが楽しめる

HDMI2.0ポートを搭載することで、レコーダーやゲーム機、さらにはAmazon Fire TVやGoogle Chromeとモニターを繋いで4K映像を大画面で楽しむことができる。

高画数密度を実現

JN-VC555UHDでは画数ピッチ(画素と画素の距離)を約0.31ミリ迄に縮めている。
そのため、55型モニターという大型モニターでありながらも80PPIという高画数密度を実現し、今までにない精確性と鮮やかさを体験することができる。

マルチウィンドウ機能に対応

マルチウィンドウ機能に対応
マルチウィンドウ機能に対応

複数の機器から入力信号を同時に表示する「MULTI WINDOW」機能に対応。
画面内に子画面を表示する「Picture in Picture」と、画面を分割して最大4つの入力ソースを表示する「Picture by Picture」を利用することができる。

3つのゲームモードを搭載

ゲームモード搭載でゲーム中の視認性を向上
ゲームモード搭載でゲーム中の視認性を向上

暗い場所・明るい場所共に隠れた敵を見やすくし、視認性を上げるゲームモードが搭載。

機能が盛りだくさんなモニター

VESAマウント対応で壁掛けも
VESAマウント対応で壁掛けも

これまで紹介してきた他にも、VESAマウント対応(400x200mm)で壁掛けが可能になっていたり、ブルーライト低減機能やフリッカー(画面のチラツキ)軽減設定を搭載することで、目の疲れを軽減してくれるなど様々な機能が搭載されている。
販売価格は税込99,970円と少し値が張るが、2020年9月30日までは79,970円から購入できるセール販売も行われているので、4Kモニターをまだ持っていない人や、大型のモニターを探していた人はぜひ購入を検討してみてはいかがだろうか。
製品について詳しくはJAPAN NEXTの製品ページから確認できる。

「JN-VC555UHD」概要
型番 JN-VC555UHD
モニター(ディスプレイ)サイズ 55インチ(曲面)
パネル種類 SVA
外形サイズ 1245x223x780 mm(スタンド付き)
重量 約22.4kg
VESAマウント 400mm x 200mm
解像度 3840 x 2160
視野角 (上下/左右)178/178度
リフレッシュレート 60Hz
応答速度 4ms
スピーカー 6W X 2
入力端子 HDMI 2.0 x1、HDMI 1.4 x2、DisplayPort x1
製品ページURL http://japannext.net/?page_id=10112

© 2020 JAPANNEXT