株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)はeスポーツ事業への参入、2021年2月から新たにeスポーツリーグの運営を開始することを2020年11月5日(木)に発表した。

人気ゲームタイトルによるリーグを運営

ドコモは2021年2月から世界的に人気のバトルロイヤルゲーム「PUBG MOBILE」のeスポーツリーグ「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 1」の運営を開始することを発表した。
プロ契約を行った選手が参加する、賞金総額3億円を予定した年間を通じたリーグとなる。
現在「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 1」に参画する法人チームオーナーを募集している。
詳細、応募は「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE」公式サイトのチームオーナー募集ページを確認しよう。

「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 1」概要
リーグ運営 主催:NTTドコモ
チーム数 16チーム(1チーム5名以上、7名まで登録可能)
試合構成 年間2フェーズ制
年間合計:100試合
試合形式:SQUAD(1チーム4人プレイで16チームが同時に対戦)
スケジュール フェーズ1:2021年2月〜2021年4月
フェーズ2:2021年7月〜2021年9月
世界大会への出場条件 上期の世界大会:フェーズ1の優勝チームが出場
下期の世界大会:年間シーズン総合優勝チームが出場
賞金等 シーズン賞金総額:3億円
その他:賞金とは別に、プロ選手全員に対して年間350万円以上を保証

また、Riot Gamesとのパートナーシップにより、Riot GamesのMOBAタイトル「League of Legends」の大会「League of Legends:Wild Rift」の開催を予定していることも発表された。
開催は2021年以降を予定しており、ドコモとRiot Gamesの共催で運営予定となっている。

5Gを活かしeスポーツを盛り上げる

昨今の新型コロナウイルス感染拡大の影響により、多くのeスポーツイベントはオフラインからオンライン上へ移行が行われている。
オンラインでゲームを楽しむ際には高速で安定したネットワークが重要となるが、ドコモは第5世代移動通信システム「5G」を活用し、より臨場感のあるVR・AR視聴体験や高速・大容量通信による快適なプレイ環境を提供し、eスポーツ産業を盛り上げていくとしている。
詳細についてはNTTドコモ公式サイトにて。


© NTT DOCOMO, INC. All Rights Reserved.
© 2020 Corporation. All rights reserved.
© 2020 Riot Games, Inc.