ヤマダ電機のグループ企業でBTOパソコンの製造・販売などを手掛けるインバースネット株式会社は、同社が持つFRONTIERブランドにおいて2020年11月26日(木)より「FRONTIERゲーミングマウス GM-S1B」の販売を開始した。

コストパフォーマンスに優れたRGBライティング機能搭載のゲーミングマウス

GM-S1B
GM-S1B

今回発売された「FRONTIERゲーミングマウス GM-S1B」は、2,980円(税抜)と安価ながら、鮮やかな7色RGBイルミネーションや1000Hzのレポートレート、6段階に調整可能なDPI設定などゲーミングに適した機能が備わったゲーミングマウス
マウス本体の側面にはラバー調グリップが設けられ、さらに130〜140gの間にマウスの重量を調整できるウエイトも用意される。
DPIは1,200、1,600、2,400、5,200、8,200、10,800から好みの設定に調整することができる。
プレイヤーそれぞれが好みに合わせたゲーミングマウスへカスタマイズすることが可能だ。

税抜3,000円以下というリーズナブルな価格設定でありながらもゲーミングマウスとしてのツボを抑えた「FRONTIERゲーミングマウス GM-S1B」
販売はインバースネット株式会社のFRONTIER公式通販サイトにて行われる。
詳細については「FRONTIERゲーミングマウス GM-S1B」製品ページから確認可能だ。

FRONTIER ゲーミングマウス GM-S1B 製品仕様
カラー ブラック
本体サイズ 118 × 67 × 38.5 mm
重量(本体) 130g〜140g
解像度(DPI) 1200 / 1600 / 2400 / 5200 / 8200 /10800
レポートレート 1000Hz
総ボタン数 8
ケーブル長 1.8m
インターフェース USB2.0
対応OS Windows 10 / 8 / 7
保証 6ヶ月

INVERSENET INC. All Rights Reserved