お金を払ってオンラインで一緒にゲームをプレイするマッチングサービス。
台湾で人気の「nicee」が日本に上陸し、niceeを模倣した「GameRoom」は“ゲーミングパパ活”と評され今年11月にβ版をリリースしている。
しかしスマートフォンアプリではGOPLAY NETWORK TECHNOLOGY株式会社が、「Goplay」を先行して今年2月にリリースしており、現在18禁サービスを匂わすツイートも。

2020年2月日本初上陸✨

Goplayは、日本で初めて1対1のチャットサービスから始まり通話やゲームのサービス提供を行っているアプリです!

今ではたくさんのゲーマーやゲーム女子が揃っています🎶
是非遊びに来てください🥰
#Goplay #日本初 pic.twitter.com/zDuQWnzx4j

— Goplay〜好きなことで稼げる〜 (@Goplay_er) November 10, 2020

そもそもゲーミングパパ活とは・・・?

元々台湾で人気の「nicee」は、有償のゲームプレイマッチングサービスで、異性間でのプレイマッチングが主軸ではなく、あくまでゲームプレイヤー同士のマッチングがメインだった。
しかし「GameRoom」がniceeのサービスを模倣し、「ゲーミング パパ活」と称しβ版をリリースし、一気に日本国内でそのワードが広まっていった。

もうストレートに「ゲーミング パパ活」にしましょうかねww

ターゲットに届きやすそうですw

— 小澤 孝太@クリスペ代表 / GameRoom開発中 (@kotaozawa) October 19, 2020

もしよろしければ、ゲーミングパパ活企画などいかがでしょうか?? pic.twitter.com/GclSyDsVgk

— 「GameRoom」ゲーマー紹介用アカウント (@GameRoomjp) November 1, 2020

イメージとしてはともかく、元来、有名プレイヤーに対しては、配信やSNSでプレイの感想等を一方的に送ることしかできなかった。
しかし一緒にプレイするゲーマーを有償で依頼するというのは、プロゲーマー(プロeスポーツ選手)などと一緒プレイする機会が得られ、またプロゲーマーも収益チャンネルが増えるというサービスとしては良いコンセプトだと思われる。

「Goplay」は18禁!真のゲーミングパパ活…!?

一般的なパパ活アプリは「インターネット異性紹介事業」、いわゆる出会い系サービスに該当し、18歳以上でないと利用できない。
しかしゲームプレイマッチングサービスは出会い系サービスではないため、年齢的な制限はない。
だが「Goplay」ではプレイヤーの募集対象を18歳未満禁止とし、性別の設定欄もあり出会い系サービスに近い形である。

Goplay公式Twitterでは“遂に18禁も!?”と記載があり、実際のサービスでは青少年にふさわしくない表記も存在する。
まさに真のゲーミングパパ活アプリと言えるだろう。

あのモンハンやApexも対応タイトルに!

真のゲーミングパパ活とも言える「Goplay」だが驚くのは、対応タイトルに「モンスターハンター」や「Apex Legends」、「Fortnite」などが連ねている事である。

 

Google Playからは削除?

Google Play

そんなGoplayだが、AppStoreとGoogle Playにアプリ配信していたが、現在下記URLのGoogle Playのアプリページにアクセスできない。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.goplay.goplay.jp

Google側から公開停止されたのか、何かの不具合で一旦非公開にしたのか理由は不明だが、今後もGoplayがどのように展開していくか注目していきたい。