2020年9月まで株式会社カプコンに所属し、ストリートファイターVのエグゼクティブプロデューサー等を務めていた小野義徳氏が、2021年5月1日(土)付けで株式会社ディライトワークスの代表取締役社長COOに就任することが発表された。

新しい分野へのチャレンジ

代表取締役社長COOに就任するにあたり小野義徳氏は自身のTwitterアカウント(@Yoshi_OnoChin)において

5月1日、ディライトワークス株式会社 代表取締役社長に就任致します。新しいポジション、新しい分野へのチャレンジとなります。
これから接するコミュニティの皆様、宜しくお願い致します。
過去お世話になった方々、そして私が携わったゲームコミュニティの皆さん、今後とも宜しくお願い致します。

・・・と語っている。
カプコン所属時はeSports推進統括を務め、ストリートファイターシリーズ等数多くの対戦型格闘ゲームに携わってきた小野氏が「新しい分野へのチャレンジ」としてどのような作品に関わっていくのか、今後の活躍に注目していきたい。
発表内容に関しては株式会社ディライトワークス公式サイトニュースリリースにて。

5月1日、ディライトワークス株式会社 代表取締役社長に就任致します。新しいポジション、新しい分野へのチャレンジとなります。
これから接するコミュニティの皆様、宜しくお願い致します。
過去お世話になった方々、そして私が携わったゲームコミュニティの皆さん、今後とも宜しくお願い致します。 pic.twitter.com/XmA4qiThDU

— Yoshinori Ono (@Yoshi_OnoChin) April 27, 2021


©DELiGHTWORKS