劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の日本国内興行収入が400億円を突破。DVD、Blu-rayの売上本数も発売から3日で100万枚を突破するなど、数多くの記録を打ち立てている「鬼滅の刃」
先日はPS4、PS5、Steam、Xbox One、Xbox Series X|S「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」の発売日が2021年10月14日(木)に決定しましたし、テレビアニメ2期の「遊郭編」も2021年内に放送を控えているなどなど、鬼滅フィーバーはまだまだ留まるところを知りません!
そして鬼滅の刃といえば、本当に様々なものとコラボしていることでも有名です。今やコラボしていないジャンルのものがないのではと思うほどですが、また新たにコラボ商品が発表となりました!
平成の時代に一斉を風靡した文具の鬼滅の刃バージョンが登場です!

鬼滅のバトエン誕生!

血風激闘えんぴつ
血風激闘えんぴつ

今回発表となったのは、えんぴつを転がして「えんぴつゲーム」を遊ぶことのことできるえんぴつ、「血風激闘えんぴつ」です!
画像をみてピンと来た人はきっと比較的大きなお友だちではないでしょうか?
そうです!懐かしの「バトルえんぴつ」の鬼滅の刃バージョンといえるアイテムです!
平成の時代は文具と玩具の狭間みたいな商品が数多くあり、子ども的には文具だから学校に持っていってオッケーというスタンスで堂々と学校に持っていくのですが、そんな屁理屈が通るわけなく没収された子が数多くいましたね。
その代表的なアイテムと言えば「バトエン」こと「バトルえんぴつ」で、社会現象レベルで子どもたちに売れた反面、学校側は取り締まる方法を模索するなど、子供と学校の戦いにも発展しました。
最終的には「バトエン禁止」というストレートで無慈悲なルールができることで決着したのも懐かしい・・・。

「血風激闘えんぴつ」は「バトエン」と同様に六角形の鉛筆各面に行動が書かれており、それを転がすことで遊ぶものになるようですが、面に書かれた詳しい内容やゲームのルールなどは今後追って発表になるようです。
セット内容は2Bえんぴつ3本にキャップ1個で、価格は550円(税込)となります。
まずは2021年11月に竈門炭治郎、竈門禰豆子、冨岡義勇のえんぴつがセットになったVol.1と、我妻善逸、嘴平伊之助、鱗滝左近次のえんぴつがセットになったVol.2

2021年12月に胡蝶しのぶ、栗花落カナヲ、累がセットになったVol.3と、煉獄杏寿郎、魘夢、猗窩座がセットになったVol.4が発売予定となっています。

まだまだ情報は少ないですが、「鬼滅の刃」公式ポータルサイトで続報が発表になるかと思うのでチェックするようにしましょう!
令和の世に「バトエン禁止」のルールがまた発令されるのか!?そちらも気になりますので発売を楽しみにしましょう!

※「禰」は「ネ」+「爾」が正しい表記となります。
※「煉」は「火」+「東」が正しい表記となります。

鉛筆ゲーム「血風激闘えんぴつ」が新登場!炭治郎たちの戦いが新たなフィールドで幕を開ける!
Vol.1〜Vol.4までの全12種が2021年11月より順次展開予定です!#鬼滅の刃 pic.twitter.com/xUCzcYXXfF

— 鬼滅の刃公式 (@kimetsu_off) June 30, 2021


©吾峠呼世晴/集英社©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable