任天堂は同社の手掛ける人気コンシューマーゲーム機「Nintendo Switch」に新しいラインナップとして、有機ELディスプレイを搭載した「Nintendo Switch(有機ELモデル)」を2021年10月8日に発売すると発表しました。

有機ELディスプレイに加えサイズも7.0インチに

Nintendo Switch(有機ELモデル)

有機ELディスプレイは、液晶ディスプレイと異なり、ピクセル一つ一つの有機EL素子が自ら発光することで画像を表示します。
ハイコントラストで鮮やかな映像を映し出すため、ゲームの世界への没入感がより一層高まると期待できます。
また画面サイズも従来の「Nintendo Switch」が6.2インチに対して、有機ELモデルは7.0インチとなっています。
画面が大きくなったことによって本体サイズが大幅に大きくなったわけでなく、画面の縁をスリムにして、本体サイズを大きくすることなく、画面サイズが大きくなっています。

Nintendo Switch(有機ELモデル)

新しいドックは有線LANに対応

Nintendo Switch(有機ELモデル)

本体だけでなく、ドックも新しくなりました。
新しいドックには新しく、有線LANポートが搭載されています。
今までは有線LANに繋いで、TVモードで遊ぶ時は別売りのLANアダプタを用意する必要がありましたが、標準搭載されたことにより、安定したオンラインプレイが期待できます。
新しいドックは従来の「Nintendo Switch」でも利用できるとの事なので、ドック単体でも販売して欲しいですね。

保存メモリは64GBに増量&スピーカーも刷新

Nintendo Switch(有機ELモデル)

microSDカードで容量が拡張できるとはいえ、本体容量が32GBというのは、システム領域を除くと実際に使える容量は25GBほどのため、少ないという声もありました。
「Apex Legends」は30GB以上の空き容量を必要としているため、microSDカード必須で、本体単体では遊べないという問題がありました。
しかし有機ELモデルは64GBと倍の容量に増量し、これからSwitchデビューする人には優しい容量となってます。

またスピーカーも刷新され、携帯モードやテーブルモードでの遊ぶときは、よりクリアなサウンドでプレイすることが可能となっています。

Joy-Conはそのまま、スタンドはフリーストップ式を採用

Nintendo Switch(有機ELモデル)

Nintendo Switchといえばテーブルモード。
テーブルモードの際に使用するスタンドも新しくなり、固定式からお好みの角度で固定できる〝フリーストップ式〟が採用されました。

Nintendo Switch(有機ELモデル)

 

Joy-Conはそのまま使用可能

Nintendo Switch(有機ELモデル)

Joy-Conは従来のものがそのまま利用できます、コントローラーがそのまま使えるのは嬉しいですね。

カラーバリエーションは2つ!ホワイト登場!

Nintendo Switch(有機ELモデル)

Switchと言えばネオンブルー/ネオンレッドとグレーの2つのカラーバリエーションでしたが、有機ELモデルはホワイトとグレーとなっています。
カラーバリエーションは2つとはいえ、今まではJoy-Conの違いくらいしかありませんでしたが、有機ELモデルはドックの色も変わります。

Nintendo Switch(有機ELモデル)

発売は2021年10月8日発売!

Nintendo Switch(有機ELモデル)

そんな「Nintendo Switch(有機ELモデル)」は販売価格37,980円(税込)、2021年10月8日発売予定となっています。
有機ELで有線LANアダプタを別途買わなくて良いと思ったら、妥当な価格と言えるでしょう。
Switchをまだお持ちでない方はもちろん、既にSwitchをお持ちの方も今のSwitchをサブ機にして、メイン機として有機ELモデルの購入を検討してみてはいかがでしょうか。
まだ予約は9月下旬開始とのことで、まだ具体的な日程は発表していないため、引き続きNintendo公式サイトや公式Twitterをチェックしましょう。

[任天堂HP]色鮮やか 有機ELディスプレイ「Nintendo Switch(有機ELモデル)」 10月8日(金)発売。初公開映像・公式サイトを公開しました。#NintendoSwitch

— 任天堂株式会社 (@Nintendo) July 6, 2021

【訂正とお詫び】
本記事にて、「Nitendo Switch 有機ELモデル」に、オンキョウホームエンターテーメント株式会社様のスピーカーが搭載されていると紹介しましたが、情報が誤りであったため、当該部分を訂正させていただきました。事実と異なる内容を記載してしまい、ご迷惑をお掛けした読者の皆様、ならびに関係各位に深くお詫び申し上げます。


© Nintendo