NFTゲームを手掛ける香港の「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」が、ソフトバンクグループ傘下のソフトバンク・ビジョン・ファンド2などから9300万USドル(本日レートで約105.87億円)資金調達したと発表した。

Open NFTメタバースの開発を加速

The Sandbox

「The Sandbox」のビジョンは“ブロックチェーンエコノミーにおいて、プレイヤーをクリエイターに成長させていく”というもの。

今回、メタバースの開発を加速するために資金調達したと発表し、より多くのクリエイターをサポートし、本格的な立ち上げに向けて、より多くのブランドやIP(Intellectual Property=知的財産権)を追加することができると述べている。

「The Sandbox」のエコシステムは急速に拡大しており、50以上のプロジェクト、6つのスタジオ、数千人のクリエイター、〝Play-to-earnモデル〟を通じて新たな雇用が創出されているとのこと。

「The Sandbox」とは?

The Sandbox

「The Sandbox」は、ブロックチェーンゲーム界のマインクラフトとも言われており、NFTとSANDというユーティリティー・トークンを使って自分が所有するLANDで遊んだり、構築したり、所有したり、収益を得ることができ、プレイヤーが自由に目的を決めることができいるシュミレーションゲーム。

The Sandbox

直近1年間で主要なメタバースのリーディングカンパニーとなり、12,000人以上のユニークな所有者を抱える「The Sandbox」は世界でもトップクラスのバーチャル不動産会社。

The Sandbox

Snoop Dogg、DeadMau5、Avenged Sevenfold、The Walking Dead、Smurfs、 Manchester City、Square Enix、Atari など、165以上のブランド、IP、アーティストと提携し、10億人以上のファンを獲得しており、ファンは好きなブランドやアーティスト、セレブリティの近くのLANDを所有することが可能。


Copyright © 2021 The Sandbox All Rights Reserved