時はエナドリ戦国時代、日々様々なメーカーから新しいエナジードリンクが登場しては、あらゆる場面で戦う人々に活力を与えています。
そんな中今回ご紹介するのは、BLACK OUTから登場しました「BLACKOUT ULTIMATE REVENANT」。
過去BLACK OUTをいくつかレビューさせて頂きましたが、今回新フレーバーが登場したとの事で、funglr gamesも入手しました!
それでは早速レビューしていきたいと思います!

ここにエナジーを欲している人物が!

blackout-revenant
ゲーム中のヘッドコーチ

港区でスポーツ事業を展開しているヘドコことヘッドコーチ。
夢中になってゲームをプレイしています!

 

blackout-revenant
エナジー不足のヘッドコーチ

へ、ヘッドコーチ!!
エナジーを使い切ってしまったのか、姿勢が崩れてしまっています。

 

blackout-revenant
悩むヘッドコーチ

ヘッドコーチ「こ、こんなだれている姿は本当の俺じゃない…。」

 

blackout-revenant
差し入れにくる港区男子

港区男子「そんな時はこれじゃ!」

 

blackout-revenant
驚くヘッドコーチ

ヘッドコーチ「緑色のBLACK OUTだ!!」

 

blackout-revenant
成分を確認

数々のエナジードリンクを飲んできたヘッドコーチ。
ヘッドコーチの成分チェックが入ります。
緑色のBLACK OUT気になる成分は…

  • エネルギー 110kcal
  • たんぱく質 1.5g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 26g
  • 食塩相当量 0.49g
  • 鉄 3mg
  • ナイアシン 5.3mg
  • アルギニン 600mg
  • イソロイシン 3mg
  • アラニン 3.5mg
  • アスパラギン酸 3.5mg
  • ローヤルゼリー 100mg
  • カフェイン 165mg

カフェインは、100mgあたり33gと平均的な量ですが、他のBLACK OUTと比べてみると、鉄分が配合されていたりと成分に違いがありますね。

 

blackout-revenant
エナポエ

そしてBLACK OUTにはエナポエ(エナジーポエム)がラベルに記載されていますが、今回はどんなエナポエなのでしょうか。

愛を求め彷徨う亡霊となり果てた来世の枯渇を満たすべく
究極の存在が今、解き放たれる
真のカタチを追い求め顛沛流浪するその姿に世界が震撼する
自分自身の欲望に挑戦を

今回はこちらの方面で攻めてくるとは予想できませんでした…。
流石はエナポエ。
内容を理解しようと必死に考えましたが、頭に入ってきませんでした。
考えてもダメなら飲んで感じるしかない!
早速飲んでいきましょう!

 

blackout-revenant
飲んでみよう

では恒例のエナドリカラーチェックから。

 

blackout-revenant
注ぐ

こっこっこっこっ

 

blackout-revenant
注ぐ

だばだばだばだば

 

blackout-revenant
濃ゆい緑

パッケージの色からして、予想はしていましたがとても緑ですね!
そして開封した瞬間マスカットの香りが漂ってきました!

 

blackout-revenant
他商品と比較

モンスターエナジー ULTRA PARADISEと比べてみましたが、明らかに違いが分かる程の濃ゆい緑です!

 

blackout-revenant
テイストするヘッドコーチ

エナジーテイストに入るヘッドコーチ。

 

blackout-revenant
エナジー補給

マスカット味で飲みやすい!
グラスを口にする前から、マスカットの甘い美味しそうな香りが漂ってきました。
飲んでみると、ローヤルゼリーが成分に含まれているからか、はちみつのような甘さが感じられ、同時にマスカットの味が感じられました。
マスカットの甘さを感じながら、後味には一気に鉄の味わいが。
僅かですが鉄分も含まれている事もあり、寝不足で朝起きられない人などにも有効なエナジードリンクになっている印象を持ちました。

ゲームプレイに戻るヘッドコーチ

blackout-revenant
真のカタチを取り戻したヘッドコーチ

BLACKOUT ULTIMATE REVENANT」を飲んで真のカタチを取り戻したヘッドコーチ。
エナジーを充分に補給し、再びゲームをプレイし始めました!
ドン・キホーテオリジナルエナジードリンク「BLACKOUT ULTIMATE REVENANT」はドン・キホーテにてお求めいただけます!
マスカットフレーバーが香る「BLACKOUT ULTIMATE REVENANT」を是非一度飲まれてみては如何でしょうか!


(c)1998-2021 Pan Pacific International Holdings Corporation All rights reserved.