「ストリートファイターV チャンピオンエディション」(以下ストV)のカプコン公式eスポーツ大会、「CAPCOM CUP VIII」および「ストリートファイターリーグ: ワールドチャンピオンシップ 2021」は、2022年2月にアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスにて開催を予定しておりましたが、新型コロナウィルスの変異株「オミクロン株」感染拡大の影響で、開催を中止すると発表しました。

「CAPCOM CUP VIII」代替イベントでキシビションマッチの配信を検討

CAPCOM CUP VIII

「CAPCOM CUP VIII」は中止になりますが、代替イベントとして、「CAPCOM CUP VIII」出場権を獲得されていた選手を中心としたエキシビションマッチの配信を検討しているとのことです。
こちら詳細が決まり次第続報が出る予定です。

「ストリートファイターリーグ:Pro-JP 2021プレイオフ」はオンライン開催へ

ストリートファイターリーグ:Pro-JP 2021プレイオフ

「ストリートファイターリーグ:Pro-JP 2021プレイオフ」はスタジオにて、オフライン環境で開催予定でしたが、オンライン環境での開催に変更となりました。
開催日時は変わらず本日1月8日(土)13時からとなっていますので、チケット購入者は視聴可能となっています。

カプコンの決断に評価の声

少し前まではeスポーツのオフライン大会・イベントも開催され始めてた頃ですので、選手はもちろんファンの方も楽しみにしていたと思います。
しかし新型コロナウィルスの変異株「オミクロン株」が感染拡大する中、各国の対応が多種多様であり変わらずオフライン開催も可能なのでは・・・?と期待もありましたが、今回中止という決定になりました。
そのカプコンの決断に、SNS上では「選手の安全を優先した」「辛い決断だったけど、よく決断した」等という声が出ています。
大変残念ではありますが、代替イベントも検討していますので、続報を待ちましょう。


©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.