2022年8月26日に発売された「Nintendo Switch(有機ELモデル) スプラトゥーン3エディション
Nintendo Switch 有機ELモデルをベースに、スプラトゥーン3のオリジナルデザインをSwitch本体やドック、Joy-Conにあしらった特別なモデルです。
半導体不足の影響もあってか、依然品薄の状態が続いており、抽選販売が唯一の入手方法となっています。
このたび抽選販売の応募に無事当選して、発売から3ヶ月越しになんとか入手することができましたので、今回はデザインなどを含めて本体のレビューを行います!
従来モデルと比べて、購入して良かった点なども含めてレビューしますので是非ご覧ください!

混沌を体現したかのようなイカしたデザイン!

Nintendo Switch(有機ELモデル) スプラトゥーン3エディション

最新の有機ELモデルをベースに、スプラトゥーン3の世界観を具現化した「Nintendo Switch(有機ELモデル) スプラトゥーン3エディション」
パッケージはもちろん、Switch本体やJoy-conにスプラトゥーン3のオリジナルデザインが描かれています。

本体とドック
派手すぎずスタイリッシュなデザイン

本体を差し込むドックやSwitch裏面にはスプラトゥーン3のゲーム内でもよく見る、アートやステッカーのデザインが描かれています。
また、白と黒を基調した本体とドックには模様のようにアートやステッカーが散りばめて配置されており、ドック本体の表にはスプラトゥーン3におけるテーマカラーの一つ、黄色のインクがアクセントとしてあしらわれています。


Joy-conはヴァイオレットとブルー、グリーンとイエローのグラデーションカラーです。
過去に発売されてきたJoy-conは全て単色だったため、今回初登場となったグラデーションカラーはスプラトゥーン3のテーマである混沌をイメージしたカラーリングなのでしょうか。
それぞれのJoy-conの表にはステッカーやアートの模様に加え、ゲーム内キャラクターとして使用できるタコやイカのアイコンが描かれています。
また、Joy-conの裏面はホワイトカラーを基調としており、それぞれタコやイカの模様が見受けられます

従来モデルとの比較

6.2インチから7.0インチディスプレイへ

従来モデルと有機ELモデルには様々な違いがありますが、何と言ってもまずはディスプレイが挙げられます。

6.2インチから7.0インチディスプレイへ

画面の縁を見ていただけるとわかりやすいですが、従来モデルと比べて画面のサイズが大きくなっていることが見受けられます。
6.2インチだったディスプレイが、有機ELは7.0インチとサイズアップ。
テーブルモードや携帯モードで遊ぶ時は、より迫力のあるゲーム体験が楽しめます。
画面が大きくなる最大のメリットは、視認性が向上する点と画面が見やすくなる点ですね。
有機ELモデルのテーブルモードでスプラトゥーン3をプレイしたところ普段より敵の視認性が向上したため、画面が大きいことによるアドバンテージは十分に得られるように感じました。

より鮮明な映像が映せるように


また、従来モデルの液晶ディスプレイと比べて、有機ELディスプレイはコントラスト比が高く、より鮮明な映像が映せるようになっています。
右側の有機ELモデルは左側の従来モデルと比べて、ロゴ背景にある黒いインクがより引き締まった黒色となっており、ナンバリングのカラーである黄色や、フィールドの青色のインクがより鮮明に描画されているのが見受けられます。

ジャイロモードでプレイ

また、従来の液晶ディスプレイでは視野角が狭かったため、携帯モードでスプラトゥーン3を遊ぶ場合においては、ジャイロ機能を使用して本体を傾けてしまうと色味が変化してしまい、画面が見づらくなる問題がありましたが、有機ELモデルのディスプレイは視野角が広いため、本体を傾けても色味が変化することはなく、快適に遊ぶことができました

快適なゲームプレイを補助するワイドなスタンド付き

有機ELモデルはちょっとした振動でも問題なし!
有機ELモデルの場合はちょっとした振動でも問題なし!

従来モデルのスタンドは最早おまけのような存在で、microSDカードを差し込んだり引き抜いたりするためだけにスタンドを開いていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
有機ELモデルでは可動域が広くなったワイドスタンドが採用され、約20度から70度くらいまでの角度を自由に調整して使用することができようになりました。
遊ぶ場所、椅子や机の高さに合わせて適宜見やすい角度でゲームを遊べるようになったため、テーブルモードで遊びやすくなっています。

この他にも従来モデルと比べて本体メモリが32GBから64GBに増えており、有線LAN端子もドックの本体に搭載されています。
容量が増えることより多くのゲームを本体にダウンロードすることができ、有線LANアダプタを使用せずに有線で遊べるようになっています。

数量限定ではない!根気よく応募しよう

Nintendo Switch(有機ELモデル) スプラトゥーン3エディション

いかがだったでしょうか。
従来モデルの定価は32,978円(税込)、有機ELモデルは38,980円(税込)と、約5000円ほど高価な有機ELモデル。
LANアダプタが不要になった点、本体メモリ32GBから64GBになった点、画面が有機ELになった点などを加味すると、価格以上の価値は十分にあると言えます。

2022年11月の執筆時点でも品薄は続いており、手に入れる方法も抽選販売しかない状態が続いています。
しかし、「Nintendo Switch(有機ELモデル) スプラトゥーン3エディション」は数量限定ではないため、根気よく抽選に応募していれば普及率も相まって入手できる確率は上がっていくのではないかと見込んでいます。
マイニンテンドーストアを始めとした各所にて定期的に抽選販売を行っています。
「Nintendo Switch(有機ELモデル) スプラトゥーン3エディション」を手に入れたい方は積極的にチェックして応募に申し込んでおきましょう。


© Nintendo