2022年11月12日(土)で発売2周年を迎えた「PlayStation 5」(以下 PS5)
まだまだ思い立ったら購入できるといった状況にはなってはいませんが、2年間で多くの人がPS5の素晴らしいゲーム体験を味わったことと思います。
筆者はありがたいことに早い段階で手にすることができ、長くPS5をゲームをプレイしてきていますが、爆速ロードで待ち時間がほとんどないのが毎回感動しますし、ゲームへの集中力を途切れないのも嬉しい限りです。
そんなPS5のゲーム体験をさらに素晴らしいものにしているのが「アダプティブトリガー」「ハプティックフィードバック」などの機能が盛り込まれた「DualSense ワイヤレスコントローラー」です・・・が、eスポーツ用途となると話が変わってくるもの。
ボタンのマッピングやトリガーの深さ、ハドルの有無など自分用にカスタマイズすることで、試合での勝率が上がります。
公式でカスタマイズ可能な上位機種「DualSense Edge ワイヤレスコントローラー」が2023年1月26日(木)に発売されることが決定してはいますが、こちらは予約開始直後に即完売となっており、すぐに手にすることは難しそうです。
そんな状況のなか、ゲーミングデバイスメーカーの老舗「Razer」が素晴らしいコントローラーを市場に投入します!
PS5・ PC向けワイヤレスプロゲーミングコントローラー「Razer Wolverine V2 Pro」を発表です!

あらゆるカスタムが可能なPS公式ライセンスのコントローラー

「Razer Wolverine V2 Pro」はPS5、PC向けのPlayStation公式ライセンス高性能ワイヤレスコントローラーです。
これまでもRazerはPS5向けデバイスも発売していますし、コントローラーに関してはXbox、PC向けに「Wolverine V2」を発売していますので、すでに他の製品を使用していて充実したゲーミングライフを送っている人も多いことでしょう。

Razer HyperSpeed Wireless対応
Razer HyperSpeed Wireless対応

「Razer Wolverine V2 Pro」は、有線接続の他に独自のワイヤレス技術「Razer HyperSpeed Wireless」対応の超高速2.4GHzワイヤレス接続も使用することができます。
付属のUSB Type-AドングルをPS5、PCに接続することによって、煩わしいケーブルから開放されつつも、有線と遜色のないラグを感じない操作性を実現します。

Razer メカタクタイルアクションボタン
Razer メカタクタイルアクションボタン

短いアクチュエーション距離によってボタン操作が素早く行える「Razer メカタクタイルアクションボタン」を採用。
タクタイル感の向上によって入力操作をしっかり感じられるので、心地よく素早い入力が可能となります。

Razer メカタクタイルアクションボタン
Razer メカタクタイルアクションボタン

300万回のタップライフサイクルと、平均的なメンブレンコントローラーより35%減の0.65mmの操作距離によって、素早い精度の反応を長期間維持してくれます。
キーボードよりも限られたボタン数のコントローラーは、それぞれのボタンが押される回数も必然的に増えますので、耐久性が高いのは嬉しいですね。

Razer Hypertrigger
Razer Hypertrigger

FPSやTPSなどで射撃を行うことが多いトリガー部分には「Razer Hypertrigger」が採用されています。
コントローラー背面にある2つのスライドロックを切り替えることで、メイントリガーの作動距離を調整することが可能となっており、短い距離で動作するFPS向きの設定や、しっかり押し込んで動作するレースゲーム向きの設定をタイトルに合わせて切り替えることができます。
FPSなどでは使用する武器によって最適なトリガーの深さも変わってきますので、状況で切り替えることも可能です。

8方向マイクロスイッチ
8方向マイクロスイッチ

方向キーは8方向マイクロスイッチが搭載されており、方向キーを押す毎にその感触と音を感じられることができます。
複雑な操作でも触感で入力方向がわかるので、より高い精度の操作が可能となります。

カスタマイズ可能なトリガーとバンパー
カスタマイズ可能なトリガーとバンパー

4つの追加トリガーと2つのカスタムバンパーは用途に応じて希望のボタンを割り振ることが可能です。

付け替え可能なサムスティック
付け替え可能なサムスティック

また2種類のサムスティックを付け替え可能となっており、短いドーム状のサムスティックではマシンガンやショットガンなどの攻撃的なシューターに、長いサムスティックは可動距離が長くなりますので精度を求められるスナイパーなどに向いています。

Razer Controllerアプリ
Razer Controllerアプリ

各種設定はスマートフォンアプリ「Razer Controllerアプリ」を使用することで、細かくカスタマイズすることが可能です。
ボタンマッピングやラインティングの調整に加えて、ピンポイントでの感度調整も簡単に行うことができます。
ちなみに「Razer Wolverine V2 Pro」は競技用に設計されているために、バイブレーションは搭載されていませんので、バイブレーションの調整項目はありません。

Razer Chroma RGB
Razer Chroma RGB

もちろん「Razer Chroma RGB」に対応していますので光ります。
「Razer Controllerアプリ」で好みのライティングに調整することで個性を表現したり、没入感を高めましょう!

日本での発売情報は続報待ち

Razer公式サイトによると「Razer Wolverine V2 Pro」の価格は40,980円になるようです。
発売時期や、日本でのPS公式ライセンスの取得については後日改めてということですので、こちらは続報を待ちましょう。
40,980円となると価格的には「DualSense Edge ワイヤレスコントローラー」よりも1万円以上高くなってしまいますが、「DualSense Edge ワイヤレスコントローラー」よりも細かいカスタマイズな可能な点を考えれば、決して高価過ぎるということはないのではないでしょうか。
ゲームが進化すればするほど精度との高い操作が勝敗を分けますし、そのためには精度の高いコントローラーが必要となります。
FPSやTPS、レースゲームに格闘ゲームのパッド派のみなさんも、「Razer Wolverine V2 Pro」でeスポーツシーンに旋風を巻き起こしましょう!
詳細は「Razer Wolverine V2 Pro」製品ページをご確認ください!


©2022 Razer Inc. All rights reserved.
©2022 Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved.