世界中でeスポーツや大会が盛んに行われているなか、日本人の得意なゲームジャンルといえば「格闘ゲーム」です。
ゲームセンター時代から培われてきた知識、経験、実力の層は厚く、eスポーツの世界では“大ベテラン”と呼ばれるようなプレイヤーも格闘ゲームジャンルでは第一線で活躍しています。
そんな格闘ゲームの祭典「EVO」の日本版として開催されている「EVO Japan」から大きな発表がありました。
2024年4月27日(土)から29日(月・祝)まで開催される「EVO Japan 2024 presented by ROHTO(以下、EVO Japan 2024)」は参加・入場ともに有料になります!

「EVO Japan 2024」は大会運営継続のため有料化

2023年8月の時点で2024年4月27日(土)から29日(月・祝)までの開催が決定していた「EVO Japan 2024」ですが、2023年12月1日(金)の発表で参加・入場ともに有料となることが明らかになりました。
アメリカ・ラスベガスの「EVO」とは違い、これまで参加・入場ともに無料(観戦イベントは有料)という形態だった「EVO Japan」
これには気軽に参加できるというメリットの反面で、運営スタッフの人手不足などの懸念の声があがっていました。
「EVO Japan」公式サイトでも実行委員会からのコメントが発表されています。

メイントーナメントは「スト6」「鉄拳8」など7タイトル

「EVO Japan 2024」のメイントーナメントは・・・

  • グランブルーファンタジー ヴァーサス -ライジング-
  • GUILTY GEAR -STRIVE-
  • THE KING OF FIGHTERS XV
  • ストリートファイターIII 3rd STRIKE Fight for the future
  • ストリートファイター6
  • 鉄拳8
  • UNDER NIGHT IN-BIRTH II Sys:Celes

・・・の7タイトルに決定!
発表時点で未発売を含む最新作がズラっと並ぶなかで「ストリートファイターIII 3rd STRIKE Fight for the future」が異様な存在感を放っていますね。
1999年稼働開始の名作が令和に蘇ります!

賞金総額は1,400万円

メイントーナメント7タイトルの賞金はすべて・・・

  • 1位: 100万円
  • 2位: 45万円
  • 3位: 25万円
  • 4位: 14万円
  • 5位: 8万円(2人)

・・・で統一され、1タイトルあたり合計200万円。
大会賞金総額は1,400万円です!

なお「EVO Japan 2024」は大会参加費の徴収にあたり一般社団法人日本eスポーツ連合の「参加料徴収型大会ガイドライン」に基づく適合認証を受けているとのことです。

エントリー受付&入場チケット販売スタート!

HOW TO JOIN EVO Japan?!
HOW TO JOIN EVO Japan?!

「EVO Japan 2024」のプレイヤーチケット(メイントーナメント参加権付き入場券)および入場チケットの販売が2023年12月1日(金)にスタート!
メイントーナメントに参加したい方はプレイヤーチケット(メイントーナメント参加権付き入場券)を購入後に発行されるエントリーコードを使ってエントリーを。
観戦のみしたい方は通常通り入場チケットを購入するというかたちになります。

なおエントリーコード1つで複数のタイトルにエントリーすることも可能とのことです。
詳細や購入は「EVO Japan 2024」公式サイトから!

プレイヤーチケット(メイントーナメント参加権付き入場券)

Type Date Price Grade
3日間通し券 土/日/月 13,000円 プレミアム(エリア指定)
9,000円 レギュラー(エリア指定)
7,000円 スタンダード(自由席/立ち見)
2日間通し券 土/日 5,000円

入場チケット

Type Date Price Grade
3日間通し券 土/日/月 12,000円 プレミアム(エリア指定)
8,000円 レギュラー(エリア指定)
6,000円 スタンダード(自由席/立ち見)
2日間通し券 土/日 4,000円
1日券 2,500円
2,500円
9,000円 プレミアム(エリア指定)
4,500円 レギュラー(エリア指定)
2,500円 スタンダード(自由席/立ち見)

©EVO Japan 2024
© Cygames, Inc. Developed by ARC SYSTEM WORKS
© ARC SYSTEM WORKS
©SNK CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.
©CAPCOM