プロや上手い人のスイングを参考に練習しても、それだけでナイスショットが打てるとは限らないのがゴルフの難しいところ。どれだけスイングが良くなっても、番手選びやセットアップ、ルーティンが間違っていたら良いショットは打てない。肝は、ショット直前の考え方や所作にこそあります。そこで、プロや上級者の「打つ前1分間」の秘密に迫るこの連載。今回は「セットアップのポイント」についてご紹介します。

ナイスショットを打つためにはスクエアなセットアップが不可欠です。常に一定のルーティンで、目標に対してまっすぐ構えられるようにしましょう。

ターゲットに対してスクエアに構えるコツとは?

ナイスショットの確率を上げるには、目標に対してスクエアに構えることが大原則です。しかし実際には、アマチュアゴルファーの多くは目標よりも右を向きがち。また、「スクエアに構えられているかな?」という疑心暗鬼がミスショットにつながることも少なくありません。

ターゲットに対してまっすぐ構えるポイントは、プレショットルーティンにあります。実際には、多くのゴルファーが無意識のうちにルーティンを実行しているのですが、アバウトなケースが目立つのです。

その点、プロや上級者のルーティンは実にていねいです。ボールの真後ろに立って、ボールと目標を結ぶ「まっすぐなライン」を明確にイメージする。ボールの先30?50センチくらいのライン上に仮想の目標=スパットを見つける。そのスパットにフェース面を向けて、まっすぐなラインと平行に立つ。

この作業がきちんとできれば、スクエアに構えられます。構えてから目標を見た時に体が左を向いているように感じても、「これがスクエアだ」と信じることが重要です。

どうしても感覚がつかみにくい方は、ボールの50センチ先に仮想のカップを設定してください。そして50センチのパットを打つつもりでアドレスを作れば、スクエアに構える感覚がつかめるはずです。

セットアップ 4つのポイント

ボールの先に仮の目標を設定する


ボールの50センチくらい先の飛球線上に小さい落ち葉やディボット跡など、仮の目標物=スパットを見つけましょう。


スパットに対してまっすぐ構えます。このスパットとボールを結んだ線に対してスクエアに構えれば、体の向きの誤差が減ります。

最初に飛球線をイメージする


アドレスを作る前に必ずボールの真後ろに立ち、ボールと目標を結ぶ飛球線をイメージします。「まっすぐ」を事前にハッキリ決める作業が重要。フェースをスパットに向けましょう。

近くの目標をイメージするとまっすぐ構えやすい


肩や腰、スタンスを平行にセットする
50センチ先のスパットを狙うつもりで構えることによって、飛球線に対してスクエアに構えられます。アドレスが完成したら、自分のスクエア感覚を信じましょう。


ボールの近くに仮の目標物を設定せず、遠くの目標に対して構えようとすると体が右を向きやすい。これが迷いを生み、スクエアに構えられない一番の原因となります。

クラブヘッドのソールの仕方にコツがあった!


アドレスした状態でヘッドをセットした時は、ボールがフェース面のややトゥ寄りに見えますが、実際は真ん中に。これが正解。


ボールがフェースの中央に見えるようににソールすると、実際はヒール寄りになってスライスが出やすくなります。

教えてくれたのは、大西翔太コーチ


青木瀬令奈プロのコーチやキャディも務めるティーチングプロ。メンタルやフィジカルの知識も豊富で、レッスンだけでなく雑誌やWEBなど幅広いメディアで活躍中。