ギャラクシー賞月間賞:Youは何しに日本へ?
「YOUの夢が花咲く瞬間に密着SP」

5月22日放送
18:55〜20:00
テレビ東京


 バラエティ番組が好きな人であれば、誰しも「我が心の『探偵!ナイトスクープ』名作回」があるのではないだろうか。関西を飛び出して、もはや国民的長寿番組と言っていい「探偵!ナイトスクープ」が好きすぎて日本にやってきてしまったドイツ人カップルに密着し、その愛の深さを見せつけた5月22日の「Youは何しに日本へ?」も、多くのバラエティファンにとって、何度も思い出す心の名作回になるかもしれない。

 「Youは何しに日本へ?」は、タイトル通り日本を訪れた外国人に「Youは何しに日本へ?」と問いかけ、その日本体験に密着する番組だ。最初は動画サイトで「ナイトスクープ」を見たと言う二人。それからほとんどの回を制覇し、念願の日本旅行にやってきた。成田空港で好きな回について語りはじめると止まらない。「番組の収録を見たい」とノーアポで朝日放送に突撃するが案の定断られ、しょんぼりしながら後日の観覧を申し込む。そこでエネルギー切れかと思えば、二人が初めて見た「10年以上口をきいていない父と母」の回(第51回ギャラクシー賞奨励賞)のロケ現場を訪れるため奈良へ。一日の締めくくりは、ホテルで「ナイトスクープ」をリアルタイムで見る。彼らの表情は本当に愛おしいものを見るときのもので、「ナイトスクープ」という番組が、関西の人々の暮らしをバカバカしくも愛すべきものとして描き続けてきたことを再認識させられた。

 「Youは何しに日本へ?」もまた、日本を訪れた人々の旅や生活を、バカバカしくも愛すべきものとして描いてきた。後追いでさまざまな「日本スゴイ」系番組が現れるなかで、一貫して日本人が知らない日本の魅力を伝えながら、バナナマンの軽妙な突っ込みによって安易な感動に堕することなく、バランスのとれたコンテンツを送り出している。ドイツ人カップルが熱く語る姿を見ると、大好きなものについて喋る人って人種も国籍も関係なく魅力的だな、と思えて嬉しくなった。願わくは、「探偵!ナイトスクープ」のような長寿番組になってほしい。(藤岡美玲)

★ギャラクシー賞月間賞とは?=NPO放送批評懇談会が、優れた番組を自主的に選び出す制度。月間賞に選ばれた番組は、年間のギャラクシー賞審査に自動的にエントリーされる。