全国の視聴者の投票で優秀番組を見つけ出す<ギャラクシー賞マイベストTV賞>。


2017年9月度1位は「コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―THE THIRD SEASON」(フジテレビ)。シーズン3になり登場人物らの成長した姿に懐かしさや喜びを感じる視聴者が多かったようだ。2位は土曜ドラマ「植木等とのぼせもん」(NHK総合)。昭和テイストに満ちていてリラックスして見られるという声とともに、山本耕史の好演にも注目が集まった。3位にはNHKスペシャル「スクープドキュメント 沖縄と核」(NHK総合)が選ばれた。その他9月度はプレバト!!「俳句甲子園 芸能人vs高校生」 (TBSテレビ)や、日曜ビッグバラエティ「緊急SOS!超巨大怪物が出た!出た! 池の水ぜんぶ抜く大作戦4」(テレビ東京)などバラエティ番組への投票が目立ったが、とりわけ699回という700回記念を目前にして終わってしまった「Sma STATION!!」 (テレビ朝日)には、終了を惜しむファンの声が数多く寄せられた。


【2017年9月度 ベスト3】
1位 「コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―THE THIRD SEASON」(フジテレビ)
●救命最先端の現場で、チームの中枢を担う若手医師たちの成長が真摯かつチャーミングに描かれ、毎回楽しみなドラマでした。医師は決してヒーローではない、常に被災者にもなりかねない。リアリティがあり、説得力を感じました。

2位 土曜ドラマ「植木等とのぼせもん」(NHK総合)
●このドラマの舞台になっている当時のことは、リアルタイムでは知らない、ちょっと前の世代。だけど、「懐かしの〜」というような番組で何度も見た世界観だし、とにかく面白い。たった8回なんてもったいないと思う。

3位 NHKスペシャル「スクープドキュメント 沖縄と核」(NHK総合)
●沖縄がアメリカ最大の核兵器基地だったという衝撃的なドキュメンタリー。今夏のNHKのドキュメンタリーのクオリティの高さには目をみはるものがあるが、なかでも特筆すべき内容。